« 事業の継承はリレー | トップページ | 経営に終わりはない »

2004/09/18

古田に声援

古田がひとり光っていましたね。古田頑張れ!選手が商品、ファンがお客様であることを球団の経営者は理解していないようです。儲かっているいないは自分の責任、商品やお客様の責任ではないのです。それにしても一般企業の組合はストライキをする力も理由も見失っていますが、商品がストライキをするというのですから、時代の変わり目とはなにが起こるわかりません。
 私も30年前企業の中で組合の執行部としてはじめてスト決行という場面にいたことがあります。直接スト通告をする立場に立ったとき、蚤の心臓、気の小さい私は消えてしまいたいような気持ちに駆られ、眠れぬ夜を過ごしました。そして予定通り半日スト決行、古田の苦渋の決断がとてもよくわかります。プロの野球選手という自立したひとでも苦渋の決断ですから、一般の労働組合では執行部といえども、権利はあるといっても、出来ないものはムリもありません。資本家、労働者という単純な図式も、ベルリンの壁崩壊と共になくなりました。業種を問わず仕事をするものはプロ中のプロとして、自分の身を自分で守る気概が必要な時代になりました。今日のプロ野球選手のストライキは自立、自律の時代を象徴する出来事です。

|

« 事業の継承はリレー | トップページ | 経営に終わりはない »

コメント

コメント有り難うございました。 禰子も釈子もです。
プレーボールの声が途絶え直接的に淘汰される事態の予感もありますが、自立・自律の時代に胸を張って意思を貫いて頂きたい。
Linkさせて頂きました。今後ともよろしくお願いします。

投稿: けいくん | 2004/09/19 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/1460850

この記事へのトラックバック一覧です: 古田に声援:

« 事業の継承はリレー | トップページ | 経営に終わりはない »