« 経営戦略に棲み分けを! | トップページ | 人生は競馬-60歳は第四コーナー- »

2004/09/09

ファンではなくお客様

熱心な野球ファンではないので、偉そうなことはいえないのですが、最近の合併問題のやり取りを見ていると、球団経営者も「ファンのことを考えて・・・・」選手会も「ファンを第一に・・・・・・」と口ではいっていますが、球団経営者にも選手会にもお客様の視点が見えてきません。ファンというのとお客様とでは決定的な違いがあるように思います。ファンという言葉には、「俺たちにかしずく、くしもべ」というニュアンスを感じます。さらに球団経営は巨人以外はみな赤字といっていますが、決算は公開されているのでしょうか。優勝セールのお客様の売上は球団に成果配分があるのでしょうか。球場でお客様が落とす飲食、物販の売上げは、さらに球場周辺のホテルの売上、鉄道の運賃などなど、野球がなければ発生しない売上、すべて連鎖しているはずです。テレビの広告収入などなど、経済も生物の食物連鎖のように繋がっているのです。お客様のためにと思ったら、選手の年俸のカットなども含めて球団経営のリストラクチャリングの方向も提示してもいのではないでしょうか。自分たちも努力しているという姿勢は伝わってきません。
球団オーナーは皆様名実共に名経営者揃い、すでに先刻ご承知のことでしょうが、ファンと思わずお客様と思わないと真の解決策は見えてこないのではないでしょうか。
 野球界にとっての環境はお客様(ファン)であり、その環境が変わりつつあるという厳然たる事実でしょう。今回の野球騒動の中にもダーウィンの進化論から抜けられずに呻吟している姿が見えてきます。

|

« 経営戦略に棲み分けを! | トップページ | 人生は競馬-60歳は第四コーナー- »

コメント

さすが明賀先生!よくぞ言ってくれました。
私も試合結果をチェックする程度で熱心ではないファンの一人ですが、
今回の騒ぎを見ていて、球団側選手側双方に「お客様の都合」が抜けているなぁ、と感じておりました。

投稿: 上田うまのすけ | 2004/09/10 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/1392317

この記事へのトラックバック一覧です: ファンではなくお客様:

« 経営戦略に棲み分けを! | トップページ | 人生は競馬-60歳は第四コーナー- »