« 金子みすゞの詩 | トップページ | ローマはなぜかくも長く続いたのか? »

2005/01/30

「勝ち組と負け組」と「強者と弱者」

 あまり好きな言葉ではないのですが、「勝ち組と負け組」という言葉が流行っています。なんでも簡単に区分けをします。これに類する言葉に「強者と弱者」があります。この二つの対の言葉があいまなまま使われています。負け組が弱者で勝ち組が強者という解釈です。これは結果から、負けたから弱い、勝ったから強いと決めています。「勝てば官軍、負ければ賊軍」というわけです。僕は「勝ち組と負け組」と「強者と弱者」とは次元の違う言葉だと思います。勝ち組負け組は強者の世界の話で、強者が闘争に負けた姿が敗者です。弱者は自分の弱さを知っていますから、自ら積極的に闘争に参加しません。したがって敗者にはなりません。弱者が敗者になる場合は強者同士の闘争のとばっちりを受けたときです。イラクでも一般庶民にはアメリカ軍とテログループのとばっちりを受けています。アフリカ、アジアの難民も同じです。現在の日本でも大手流通業の店舗拡大闘争のとばっちりを受けて、町の商店街はいずこも瀕死の状態です。その闘争をリードした一方の雄ダイエーは長い闘争の結果,淘汰の時を迎えています。当然闘争の結末で淘汰されないといけないのですが、再生機構という名の政府は新たに100店舗作る再生案を作っています。またまたゾンビのごとく闘争の世界に蘇ってくるのです。それでなくても店舗面積過剰の時代に、勝ち組のイトーヨーカドーやイオンにとっても迷惑な話です。本来救うわなければいけないのはとばっちりを受ける一般社員、中小の納入業者です。セーフティネットは弱者が強者の闘争のとばっちりを受けて敗者になりそうなときに救うべきものです。ダイエーが再生したら、とばっちりを受けた全国の中小商店の経営者は浮かばれません。それなら俺にも権利をよこせと、化けて出たいと思っているに違いありません。
 「弱肉強食」が自然界の掟だから「人間社会も弱肉強食」といってはばからない人が大勢います。僕は子供のころから弱虫だったので「弱肉強食」という言葉が大嫌いです。食べられてしまう側ですから当然ですね。しかし自然界が弱肉強食だというのは、強者が自分に都合のいいように曲解しているだけではないでしょうか。鰯を食べる鯨、シマウマを食べるライオンという食物連鎖は弱者と強者の関係ではなくて大自然の摂理です。したがって必要最低限の量しか食べません。人間のように残したり、貯蔵(富の蓄積の始まり)しません。捕食者が異常繁殖したり沢山食べて獲物が減れば今度は食物が減って捕食者が減ることで調節されます。強者と弱者の関係は同じ鯨の内、ライオンの内の関係です。だから争っても殺しあうまでには至りません。勝ち組負け組ではないのです。人間以外の生物は原則としてカニバリズムもありません。人間界だけが「弱肉強食」といって生存権以上に奪い合い殺しあうのです。本来生物は個々の個体としてはみな弱者です。だから鰯は群れて全体として大きく見せながら回遊しています。もし捕食者に襲われたら、どの個体が生き残っても大丈夫、鰯としては生き残っていくことができます。敗者とは自らの力では再生できないほど痛めつけられてしまった状態になったものです。
 ”弱肉強食”勝負”ナンバーワン”ダーウィンの進化論”努力が報われる社会”直接税より間接税”自己責任”といったスローガンはすべて強者のものです。”共生”オンリーワン”棲み分け”分散”致命傷を避ける”強者と一定の距離を置く”は「弱者の生きる知恵」といっていいのではないでしょうか。今年の大河ドラマの”義経”では、我々に古い摂関政治と戦う新しい平清盛像を提示してくれそうですが、勝ち組も一時のこと、義経、頼朝そして北条と、すべては歴史の中で敗者として消えていきます。弱者はその「諸行無常」「盛者必滅」を念じ、黒澤明の七人の侍を思い出しながら生きるのみなのでしょう。七人の侍どこかにいませんかね。

|

« 金子みすゞの詩 | トップページ | ローマはなぜかくも長く続いたのか? »

コメント

アインシュタインは「常識とは教育が作り出す偏見である」といったそうです。「知識は他人の経験」という言葉もあり、知識材料として使う調理法という知恵が必要ですね。自分の経験も過去のものは知識なのでしょう。一流の料理人は常に創作料理を手がけて新しい境地を開いていきますね。温故知新というと一言で終わってしまいますが。

投稿: 懐中電灯 | 2005/01/31 14:02

勝ち組だからと、変わらないでいると、いずれ敗者になってしまう。まず現状を把握し環境に適応するには自分に何が必要なのか知る必要がありますね。色々思う時過去の成功体験が邪魔する時がありますよね。あの時うまくいったとか、自分の中での常識。
常識という言葉なんとなく抵抗があります。常識ってあるのかなと。

投稿: 山本権兵衛に憧れて | 2005/01/31 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/2688202

この記事へのトラックバック一覧です: 「勝ち組と負け組」と「強者と弱者」:

« 金子みすゞの詩 | トップページ | ローマはなぜかくも長く続いたのか? »