« 山田方谷を訪ねて | トップページ | 弱者への目線 »

2005/03/14

中高生とマネジメントゲーム

かねてから子供たちに自分なりにビジネスのこと、今の世の中のこと、受験勉強には直接関係ないけれど、その先でもっと大事なこと、大学入学がゴールではないこと、などなど話してみたいと思っていました。市議会議員で塾の先生兼経営者という方と縁ができて、その先生の熱血ぶりに刺激されて塾生に是非教える機会をつくって欲しいとお願いして、とうとう三月十二日土曜日に実現しました。下は小学六年生から大学生、ひとりはすでに社会人、共通しているのはすべて熱血先生の教え子ということくらい。

なにしろ日ごろ大人にしている講義をするわけにもいかないわけで、これから塾生が旅立っていく世の中のこと、お金の話、金子みすゞの話を少し、あとはマネジメントゲームを丸一日やってみました。大人たちはむずかしいのではないかと心配していましたが、まったくの杞憂でした。日ごろの授業と違って、自分で考えて答えを出すわけだし、その答えもいくつもあるわけで、はじめは戸惑うばかりでしたが、大人の体験とあまり違いはなくて、後半はそれぞれ自分なりの答えを見つけていました。小学生が「税率は?」とか聞いてくるし、「戦略、戦術」とつぶやきながら「研究開発投資」に気がついて手を打ってくるのにはびっくりしました。その小学生は中学生も総なめでした。前半二期は決算も一通り解説つきでやりましたが、後半の二期はみんなそれぞれ自分でやってしまうのですから驚きです。一味違った楽しい一日でした。

|

« 山田方谷を訪ねて | トップページ | 弱者への目線 »

コメント

人類がお金を発明してしまったために、ひとさまのお役に立ってお金をいただかなくては生きていけなくなってしまったんですね。このことを自覚すると、なぜ学ぶのかもわかってくると思います。乱読のすすめに紹介している「おじいさんは山へ金儲けに」幻冬舎文庫を読んでみてください。きっとお役に立ちます。最近アマゾンを使っています。とても便利、便利で買い過ぎにご注意ですが。

投稿: 懐中電灯 | 2005/03/16 11:13

気づきが早ければ色々な面で有利ですよね。ラットレースに陥らないように素晴らしい人生を築いていけたらいいですね。

投稿: 山本権兵衛に憧れて | 2005/03/16 08:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/3279570

この記事へのトラックバック一覧です: 中高生とマネジメントゲーム:

« 山田方谷を訪ねて | トップページ | 弱者への目線 »