« 目的と手段 | トップページ | 子供たちの体験記(4) »

2005/03/23

子供たちの体験記(3)

子供たちにCSが顧客満足の略であるとか、その意味するところを話したりしなかったのですが、ゲームの中でCSポイントがないとお客様に選ばれないことに気づき、自分にとってCSとはなにかを感じはじめています。塾長たかやん先生のガイドが効を奏したようです。私の期待に十分答えてくれて、うれしい限りです。ビジネスの世界では顧客満足(CS)が大事といわれてもう十年以上にになりますが、CS以前の問題を置き去りにして、「目先の売上のために」掛け声を上げている会社も多くみられますが、子供たちの理解はとても素直です。われわれ大人たちもまず自分の足元から見直しをしたいですね。
<健人君の感想>
◆CSポイントをあげるには漢字をもっと読めるようにする。遅刻をしない。朝、早く起きる。大きな声で挨拶す?...など。今書いたことをできるかぎり頑張る。今日も遅刻してすいませんでした。今度からは15分前位に家を出るようにする。
<<健人君へ>>
 自分では防げないやむをえない遅刻もありますから、遅刻ゼロにななりませんが、日々5分前に行動するだけでほとんどの遅刻はなくなります。私は腕時計も、我が家の時計も身の回りの時計は全部5分進めてあります。電波時計は買えないのです。はじめにお話したように「時間=人生=生命」という等式から考えると遅刻は自分の生命を無駄にしていることになりますね。自分を大事にしてください。社会に出ると許されなくなりますから今のうちに自分の身体に癖をつけておいてくださいね。

<太陽君の感想>     
◆今日は久しぶりに塾に来た。免許を取りに行ってて少し遅れて来てしまった。でも、なんとかとれたから便利になったし受かってよかった。CSポイントはいまいち理解しきれてないけどなんとなく分かった。CSポイントをあげるため、毎日少しづつ何かやっていく。
<太陽君へ>
「なんとなくわかった」で十分です。僕もそれ以上のことは講義もしていません。学校の勉強では「CSとはなにか」を言葉で覚えて、答案用紙に書くことができると理解したという気になります。先生もこの子は理解したと思って合格ですが、「よりよく生きる」が人生の目的なら、日々の態度、行動に現れてはじめて、わかったことになります。言葉で説明することではないのです。遅刻のこと、読書のこと、新聞(スポーツ新聞ではない)に眼を通すこと『毎日少しずづつ』やってくださいね。「毎日すこしづつ」ができたとき”理解した”ことを実感できます。
<隼太郎君の感想>                                  
◆CSポイントを高めるには、字をきれいに書く。誰にでも挨拶する。学校に遅刻しない。毎日、勉強する。などのことを頑張る。今日、漢字をやった。125/198 できた。もっと出来るようになりたい。
<隼太郎君へ>
「もっと出来るようになりたい」がいいですね。「挨拶する」とか「遅刻しない」「勉強する」とはっきり断言しているところがいいですね。自分で断言すれば「もっと出来るようになりたい」は「出来るようになる」に変化します。
<藍子さんの感想>                      
◆自分のCSポインツを上げる為には、毎日何かをやり遂げることだと思います。私は、必ず毎日本を10ページ以上は読んでいます。日記も1日1ページ書いています。これでCSポインツ2ですよね。そして、これからは漢字を練習しまくります。じゃないと日本人になれないからです。そしてCSを上げます。とにかくStudyします。そして未来の自分のためにCSあげます。
<藍子さんへ>
なにしろ1/2は消えてしまって残らないのですから、「毎日本を10ページ」「毎日日記を一ページ」日々の積み重ねがいいですね「未来の自分のために」今を大事にしてください。一生Studyです。

|

« 目的と手段 | トップページ | 子供たちの体験記(4) »

コメント

コメントありがとうございます
肌で感じるという分かり方がありますね。「なんか変だぞ!」ところが考えているうちに、自分の都合が入り込んで、折角気づいていた危険を打ち消してしまうということが人間には多いのではないでしょうか。人間以外の動物ならさっと行動に移すのです。知識が邪魔をするといいますが、そうではなく、自分の都合が邪魔をするのでしょう。

投稿: 懐中電灯 | 2005/03/26 01:02

>「なんとなくわかった」で十分です。

これって、実は深いなと感じました。
肌で感じられるようになるとか、体得するというところに通じるのではないでしょうか。

そういう感触をもてるということは、「なんとなく」は、「ほんとに」なんでしょうね。

投稿: Key | 2005/03/24 14:56

今の素直な気持ちを持ち続けたらきっと素敵な大人になれますね。
まだ大人になれてない者でした。

投稿: 雑草 | 2005/03/23 08:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/3364970

この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちの体験記(3):

« 目的と手段 | トップページ | 子供たちの体験記(4) »