« 子供たちの体験記(3) | トップページ | 子供たちの体験記(5) »

2005/03/24

子供たちの体験記(4)

<麻美さんの感想>
◆今日は感想の紙が大きかった。漢字を沢山やって殆どできなかった。CSポイントかなり低いと思った。だって今日、朝起きたら3時だったんだもん。だめじゃんね~。すごいもったいない事しちゃったんだなぁって思ったよ。でも、ホラ!こんなに字がきれいだよ。たかやんやったじゃん。
<麻美さんへ>
 朝起きたら3時って午後のこと?それはもったいないの二乗ですね。若いときの一日はとっても貴重です。年取ればいやでも毎日寝るようになるから、若いときは、勉強するにも、遊ぶにも時間(生命)を上手に使ってくださいね。
平均寿命が伸びたのですが、青春の部分が伸びたのではなく老年の部分が伸びたのです。

<優希君の感想>                         
◆どんなCSポイント上げようかな...色彩検定の勉強して原付免許とって、朝早く起きてたくさん読書して受験勉強する。
<優希君へ>
自分にとってなにがCSポイントになるのだろう。「どんなCSポイント上げようかな・・・・・」という語感がいいですね。「結果として他人の役に立ってお金がもらえること」がCSの原則です。 
<裕史君の感想>                     
◆昨日、卒業した。今日から暇ができる。今日は漢字をやって少し出来が悪かった。練習してなかったからだよね。少しづつ頑張る。CSはとりあえず、声に出して読みたい日本語をやって日本力を高める。
<裕史君へ>
「頑張る」とくたびれるから、頑張らないで根気よく、毎日少しづづ続けてください。
<和伸君の感想>
◆今日は久しぶりに来て懐かしかった。昨日の卒業したのに自分が卒業したことが実感できない。CSポイントは帰るとき大きな声で『いってきます』という。
<和伸君へ>
自分から積極的に声をかける癖をつけるといいですね。「僕はここにいる」というメッセージです。 
<亮君の感想>
◆漢字テストを3回やった。知らない言葉がどの問題も10問くらいあっていい勉強になった。CS,教えてる子を名前で呼ぶ。ゴミを道に捨てない。         
<亮君へ>
「ゴミを道に捨てない」そうですね、これもCSと考えるといいですね。大人でもポイ捨てが多いので、われわれ大人たちは同輩として偉そうなことは言えないのですが、大人はあきらめて若い皆さんに期待します。「捨てない」から一歩進めて、「見つけたら拾う」にチャレンジしてください。「僕も見つけたら拾う」を心がけているのですが、つい周囲を見回してひとがいると一瞬たじろいでいる自分がいます。まだ身についていない証拠ですね。昨年暮れにペルーへ行きましたが、日本とは比べられない貧しい国、町の商店も小さく、電力事情から明かりも暗い店が多いのですが、通りはゴミも無く、店員が朝開店前に店の前に水を打っている姿を見かけました。商店街の角にゴミの山などみられません。

|

« 子供たちの体験記(3) | トップページ | 子供たちの体験記(5) »

コメント

外にでないと解らないコト多いですよね。個人も同じですよね。客観的に見るコトも必要ですね。

投稿: 雑草 | 2005/03/25 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/3396515

この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちの体験記(4):

« 子供たちの体験記(3) | トップページ | 子供たちの体験記(5) »