« 子供たちの体験記(7) | トップページ | 強者と強者の闘争にまた強者が »

2005/03/29

循環型社会への取り組み

札幌の縁者の須賀原信広さんは札幌で自動車整備業を経営している経営者ですが、循環型社会構築のためにカーシェアリング事業に取り組んでいます。本業が自動車整備業なのでとても相性のいい事業です。中小企業の経営者にも高い志でチャレンジしている経営者がいますね。高い志を持って経営に取り組んでいる姿は遠くから見ていてもスガスガしいですね。札幌市は3月28日づけでカーシェアリング特区の認定を受けるそうですから、いよいよか!と須賀原信広社長の武者震いがブルブルと伝わってきます。下記の予定でNHKの番組で取り上げられるそうです。読者の皆様も是非チャンネルを回してください。感想を差し上げるときっとさらに勇気が湧いてくくるのではないでしょうか。是非エールを送ってあげてください。
<4月9日 番組名「地球大好き 環境新時代」>
札幌市白石区の商店街の一角に、次々と持ち主が変わる車があります。朝は出勤のサラリーマンたち、昼は出前ソバ屋、夕方は買い物の主婦・・。1台を複数の人が共有する「カー・シェアリング」です。車製造に使われる資源を減らし、かつ排気ガス低減と渋滞緩和も目指して、“コンビニ感覚で利用できる車”を合い言葉に、徒歩5分圏内に1台の配車を実現しようと動き始めています。この新たな試みを見つめます。
(全国:九州・沖縄地域以外)
総合テレビ 4月9日(土)  午前11:00~11:29(本放送)
総合テレビ 4月10日(日) 午前4時30分~4時59分(再放送)

|

« 子供たちの体験記(7) | トップページ | 強者と強者の闘争にまた強者が »

コメント

Windcarの須賀原信広と申します。
札幌の自動車整備屋のおやじです。

本29日、内閣構造改革推進本部より札幌市が「カーシェアリング特区」の認定を受けました。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kouzou2/kouhyou/050328/dai7/nintei.html

日本の社会の為に、カーシェアリング普及に邁進いたします。
明賀義輝先生、誠に有難く感激しております。
これからもご指導、お願い申し上げます。
                  

投稿: あぶまる | 2005/03/29 21:14

おもしろそうですね。何台位用意されているのでしょうね?環境、個人負担の低減など良い影響が期待できますね。本当、社長のエネルギーが伝わってきますね。

投稿: 雑草 | 2005/03/29 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/3469873

この記事へのトラックバック一覧です: 循環型社会への取り組み:

« 子供たちの体験記(7) | トップページ | 強者と強者の闘争にまた強者が »