« 弱者への目線 | トップページ | フジテレビとライブドアはメビウスの輪? »

2005/03/19

子供たちの体験記(1)

<創記君小学六年生の感想>
当初はよく分からなかったけど、とりあえず戦略的なことばかりをしていたら失敗しちゃったので、基礎を固めたら成功したから“基礎は必要だ”と思った。
<創記君へ>
 あれは失敗ではないんです。戦術的なことはすぐに成果がでますが、戦略的なことはすぐには成果が出ないので、
前半二期の戦略の成果が後半の二期に出てきたのです。できれば前半にもう少し基礎固めをしていたら、前半の落ち込みが軽くて済んで、後半の成果がもっと実感できたと思います。なにごとも成果が見えないから失敗と考えないほうがいいのです。創記君は難関の有名中学の受験に合格しましたね。でもたとえ試験に落ちたとしても精一杯準備をした上なら、それは失敗ではないのです。その経験が必ず次に生きる(自分で意識しなくても)ものなのです。うまくいったけどいまは潜在的なパワーになっていて成果に結びついていないだけなのに、失敗したと思ってしまうと折角の潜在的な蓄積が出てこなくなってしまうのではないでしょうか。中学、高校、大学と基礎固めをしっかりやってくださいね。創記君のような戦略思考のある小学生と出会えてうれしかったです。将来を楽しみにしています。

<亮君の感想>
あと1分あったらなあ~。こんなに夢中になるとは正直思わなかった。性格が大分でるゲームだった。借金はしたくない。でも資金がなければ何もできない。他にもいろんなことを学習できた。今度は大人用のがやりたい。
<亮君へ>
 現実の世界でもいつもあと一日、後一時間あったらと思うことがしばしばありますね。精一杯やっておけば、後悔はないものです。将来の収入が見込めるところへお金を使っていくことを投資といいますが、投資目的ならある程度の借入金は必要なのです。借入金(他人)のエネルギーを借りて未来の自分をつくっていくものです。いまの楽しみのために借入金、クレジットカードなどは使ってはいけないのです。未来の自分の時間(エネルギー)をいまのために使ってしまうのですからね。いまの楽しみのために使うお金は過去に自分で稼いだものを使います。自分で汗したものなら使うときは大事に使いますね。親のお金、借りたお金、クレジットカードは見えない分だけ気楽に使ってしまいがちです。今回は小中学生が多かったので、少しやさしくしましたが亮君ならもう十分大人の経営環境でできますね。また機会をつくりましょう。今度は十分備えをして、ラッキーなリスクカードを生かしてくださいね。    

|

« 弱者への目線 | トップページ | フジテレビとライブドアはメビウスの輪? »

コメント

未来の日本を担う方達が、このゲームを通じてリスク感覚を磨いている様子がよく解ります。
私は、培った能力(潜在的な物も)は良き指導者に巡り合わないと発揮することが難しいと思うのですが、この方達は幸せですね。

投稿: 雑草 | 2005/03/20 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/3336363

この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちの体験記(1):

« 弱者への目線 | トップページ | フジテレビとライブドアはメビウスの輪? »