« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/27

ユーラシア大陸という視点

日本人が韓流ブーム、中国経済の発展でうまくいっていると思っていた矢先に、突然の出来事で戸惑うばかりですが中国、韓国の反日デモが喧伝されています。目先足元ばかり見て、「見たくないもの」から眼を逸らしていると「見たくないもの」が突然のように飛び出してきますが、それは突然ではないのです。時には焦点を遠くに合わせてみておくことも大事なことでしょう。そうすれば、この反日デモの騒ぎも落ち着いて見ることができます。
 2002年4月にはじめてイギリスへいきました。日本海を北上して、函館付近から凍てついたシベリアの上空をひたすら13時間西へ西へと飛んでいきます。地上には道らしき直線の上に、ぽつんぽつんと灯かりが人の存在を知らせています。地図で見慣れたスカンジナビア半島上空から南に下り、左手にオランダが見えるともうイギリスです。世界地図を再めて眺めてみると、東の果て日本列島から西の果てイングランドまでユーラシア大陸を端から端まで渡ったことになります。そこでユーラシア大陸の存在に改めて思いを馳せることになりましたこれがこの旅の最大の収穫です。朝鮮半島からフランスまで地続きです。なぜイギリスと日本がアメリカのイラク攻撃を真っ先に支持するのか、小泉さんのように諸手を挙げて支持するかどうかは別にして、なんとなく地政学的に理解することができます。日本に戻って早速杉山正明著「遊牧民から見た世界史」「逆説のユーラシア史」を読んでみました。中国から見ていたシルクロードも違って見えてきました。

続きを読む "ユーラシア大陸という視点"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/20

甲斐源氏終焉の地へ下山

pict0045 数人の登山者が山小屋に着くなり「富士山の見えない大菩薩なんて・・・・・・」とぼやくことしきり、すかさず山小屋の主人の「明日は高気圧におおわれますからきっと大丈夫ですよ」の一声に救われて宿泊客はほっとして思わず缶ビールで乾杯でした。翌朝は早朝4時半出立、残雪の残る北斜面を懐中電灯を頼りに登りましたが天気予報通り、下界は雲海に覆われ、上空も春霞に霞んではいましたが、幻想的な御来光を仰ぐことができました。この稜線は距離が長く歩く人も少ないので、標高2000メートルから標高600メートルまで、次第に高度を下げながら終日富士山の展望を独り占めに快適な山歩きが楽しめます。

続きを読む "甲斐源氏終焉の地へ下山"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/19

大菩薩の不動明王

pict0020

2005年4月16日(土)~17日(日)に中里介山の小説、市川雷蔵の机龍之介で有名になった大菩薩峠に登りました。若い頃は土曜日の夜に会社から新宿駅へ駆けつけて夜行列車に乗り込んで登った山です。当時登山口は何台ものバスが吐き出す若者の熱気で溢れていました。夜空の星に逆らうように懐中電灯の灯が山肌を一筋の光の線となって続いていきます。今ではそんな熱気はなくなりましたが、反対に百名山ブームで乗用車で林道を走り抜け、足早に眺望のない頂上のみを往復する人々も多くなり、自然を楽しむ山歩きすら目的と目標の違いを取り違えてしまう愚かさにあきれてしまいます。大菩薩嶺(標高2056メートル)の北西の肩の位置に丸川峠があり、丸川荘http://www5.ocn.ne.jp/~touge17/がひっそりと建っています。冷えた身体にココアをすすりながらひとしきり、小屋のご主人只木貞吉さんに仏様の話をうかがいました。写真はご主人只木貞吉さんの作品です。不動明王の憤怒の形相の中に愛くるしさを秘めたお顔に魅せられて写真を撮らせていただきました。

続きを読む "大菩薩の不動明王"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/18

札幌の「社長の仕事やってみたぞ!!」

リンク: Three leaves Kurrutti.

札幌では長年の友人が僕のビジネス感性トレーニング研修を開いてくれています。かれが担当した研修にオーストラリア人のクレイグ・パークヒルさんが受講してその感想をブログに書いてくれました。タイトルの「社長の仕事をやってみたぞ!!」の一言でクレイグさんの明るい人柄を想像させてくれますし、研修の趣旨を掴みとってくれた感性を感じます。札幌在住の日本人女性と結婚して、レモンマーテルというお茶を商っている方です。レモンマーテルはお茶だけでなく、アロマテラピーとして香りも楽しめるものだそうです。日本とオーストラリアは距離は離れていますが、時差がないし鉄鉱石、石炭といった一次産品だけでなく、牛肉や蓄養マグロなどの貿易も盛んです。レモンマーテルなどを通してさらに人的交流が深まるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/12

インカの遺跡とカソリック

ローマ法王ヨハネ・パウロⅡ世が亡くなりました。パウロⅡ世は十字軍遠征の過ちを詫びてイスラム世界と和解したり、アメリカのイラク攻撃に反対したり、積極的に平和に貢献しました。これが宗教のもつ真の力を結集する始まりになって欲しいですね。日本の仏教界も是非世界平和のために声を大にしてして欲しいですね。次期法王の選挙コンクラーベにラテンアメリカの枢機卿も参加しているそうです。昨年インカの遺跡を見たいとペルーを旅したのですが、インカの遺跡は破壊され残っていないのです。インカ帝国の中心都市クスコの町でもインカの太陽神の神殿はすべて破壊され、残っているのは礎石だけです。その礎石の上にカソリックの教会が立っています。あれから五百年余り今ではペルー国民の95%はローマ・カソリックです。

続きを読む "インカの遺跡とカソリック"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/11

子供たちの体験記(6)

体験記(6)をアップするのを忘れて(7)へ飛んでました。遅ればせながらアップします。
<法子さんの感想>
ビジネス塾、吸収することがたくさんありました。ただのゲームなのに、凄く頭を使って、疲れました。いつもボーっとしている私にはかなりハードで・・でも今の自分の状態に甘えていたことが分かりました。このままだったら社会に出て行ったらおいていかれると、大変なことになっちゃうと思いました。今日から少しずつでも勉強して強くなろうと思いました。今日は一日潰して来てよかったです。みなさんも優しく、少し厳しくて、ありがとうございました。
<<法子さんへ>>
「強くなろう」と書いてくれたので、少し安心しました。ビジネスマンへの経営教育、講演ばかりやってきたので、厳しく感じたでしょう。ごめんなさい。研修スタイルも「教えない」「気づくまで我慢する」というスタイルなのでなおさら厳しく感じたことでしょう。この際自分にとって「やさしいとは」「厳しいとは」を考えてみてくださいね。

続きを読む "子供たちの体験記(6)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

十年楽しみたければ木を植えよ!

リンク: 市川稔の米(マイ)情報:木を植える人.

「木を植えるひとになりたい」同感ですね。せめて死ぬまでに一、二本植えたいものです。桜は花も美しいのですが、一年に一度それもこれから草木が芽生える春に、一気に春を代表して咲くのが見事ですね、以前「なぜ桜なのか?」と植木職人に聞いたことがありますが、桜は成長が早く十年待てば成木になり、花を楽しむことができるのだそうです。極めて合理的でもありますね。会社を辞め今の仕事についた若い頃、もう鬼籍入りしてしまいましたが、尊敬する中小企業の経営者にいただいた言葉があります。
 

続きを読む "十年楽しみたければ木を植えよ!"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/04/09

小泉改革の本当の目的?

郵政改革をめぐって小泉内閣と自民党の対立?は昨年の道路公団民営化と同じ道です。小泉改革の真の目的は戦後50年かかって出来上がった権力構造の傘下に入ったいわゆる勝ち組といわれる人々、官僚、政治家、公務員の方々の逃げ切り温存策です。小泉さんは「自分は消費税を上げない」といっています。ということは、

続きを読む "小泉改革の本当の目的?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/07

一円で株式会社ができる?

政府は「一円で株式会社が作れる」と言い、来年にも有限会社は無くなり、株式会社に一本化されます。1993年に株式会社の資本金を一千万円に引きあげたのは何だったのでしょう。経済指標の起業数を増やし、さも起業家精神が育っているといったプロパガンダをやりたいのではないかと疑って見たくなります。たとえ家業だって、個人だって運転資金が一円で開業できるはずはないのです。自分の給料すらで出せない会社を「企業です」といえるはずがないのです。まして日本の美徳の企業間信用である、掛売り、掛け買いも細りつつある今、一円で起業するのは言葉の上だけのこと、なにか変です。

続きを読む "一円で株式会社ができる?"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »