« 一円で株式会社ができる? | トップページ | 十年楽しみたければ木を植えよ! »

2005/04/09

小泉改革の本当の目的?

郵政改革をめぐって小泉内閣と自民党の対立?は昨年の道路公団民営化と同じ道です。小泉改革の真の目的は戦後50年かかって出来上がった権力構造の傘下に入ったいわゆる勝ち組といわれる人々、官僚、政治家、公務員の方々の逃げ切り温存策です。小泉さんは「自分は消費税を上げない」といっています。ということは、

次の内閣で上げるというメッセージです。年金も根本問題をそのままに昨年法案は成立しています。自民党と公明党が連立していれば、なんでも通ってしまいます。すべて権力構造の温存が真の目的、国民には自民党と政府が戦っているように見えているうちに、骨抜きにしてお互いが勝利宣言です。次の政権が消費税を上げて当面の仕上げです。ペイオフ解禁で銀行預金が炙り出され個人向け国債へ向かい、自己責任というスローガンでなけなしの預金は拘束され棚上げされてしまいます。すでに相続税の税率は下がり、所得税の累進率は下がっています。消費税が15%になる頃には国民皆保険も崩れ、保険制度もアメリカ型で保険証によって受けることができる医療サービスに差がつくようになるのではないでしょうか。昔なら親は貧乏しても子供に教育をつけて社会に送り出せば、せめて自分の代は貧乏しても、遺伝子は貧乏から抜け出せるという明るさがみえましたが、その可能性も希少になりつつある今日、庶民はいったいどうすればいいのか。それでもやっぱり悲しいことですが、自己責任に帰ってしまいますね。

|

« 一円で株式会社ができる? | トップページ | 十年楽しみたければ木を植えよ! »

コメント

生物はただ単に自分が変わりながら環境に自らを適わせていくだけではなく、自ら環境を選んでいき、環境にも影響を与え結果として環境も変わっていくということが大事な視点です。受身ではないのです。単なる受身では敗者になってしまいますね。イオン、ヨーカドーの不振も今西進化論、エコロジー思考で捉えればわかります。

投稿: 懐中電灯 | 2005/04/10 07:40

あ、そうゆうコトだったんですね。でも人間は現在の立場から考えるコトが多いですよね。だから、しかたないというか・・・自然なコトなのかもしれませんよね。これが今西錦司さんの進化論に繋がるのですかね・・・。弱者は与えられた環境に自分を変化させて適応しないといけない。これが自己責任というコトなのでしょうか?

投稿: 雑草 | 2005/04/09 16:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/3624328

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉改革の本当の目的?:

« 一円で株式会社ができる? | トップページ | 十年楽しみたければ木を植えよ! »