« 社員(労働者)受難の時代 | トップページ | 八ヶ岳を歩く »

2005/06/01

5.1サラウンドの「これぞ顧客満足」

昨年の今頃5.1サラウンドのスピーカーシステムを購入しました。Nakamichiのオーディオシステムといえば、ハイエンドの製品で知られていています。音楽通ではない僕としては欲しいとは思っても買うという行動には至らなかったのです。そろそろ5.1サラウンドでDVDを見たいと思い、ボーズのフロントスピーカー2個でリアスピーカーの要らない配線が最小限ですむシステムを買いたいと有楽町のビックカメラに行くたびにボーズコーナーをみていました。いよいよという時に眼に留まったのが中道仁郎さんの「niro1.com 」がスピーカーは1個でいいというのです。それなら配線はいたって簡単その上、配線が部屋を這い回る見苦しさもありません。おまけに価格が驚くほど安いのです。ボーズの半分以下、あのNakamichiがこんなに安いものを出すのかと信じられなくて、インターネットで調べまくったら、正真正銘あの中道仁郎さんの作品なのです。早速注文して購入しました。

DVDで映画を見たり、CDで音楽を聴いたり、我が家の居間がオーディオルームに早変わりです。その上バージョンアップは機器を買い換えなくても、メモリーカードを差し込むだけでバージョンアップできるのです。そして購入から一年第一回のバージョンアップのメモリーカードが届きました。本当にカードを差し込むだけでバージョンアップ、さらにグレードアップした音を楽しむことができるようになりました。お奨めの逸品、nio1のHPで確かめてください。
 http://www.niro1.com/jp/

|

« 社員(労働者)受難の時代 | トップページ | 八ヶ岳を歩く »

コメント

やっぱりそうですか。僕も友人の部屋でTime Domain社の音をしっかり聞きました。素晴らしい音でしたが、価格的に手が出なくてminiを購入して、今僕の机の上にあります。耳に自信はなかったのですが、nobuさんと同じものを手に入れたとすれば少しだけ自信を持っていいのかな。Time Domain社の円筒のスピーカーが欲しいですね。

投稿: 懐中電灯 | 2005/06/22 09:33

僕もNIROのREFERENCEを使用しています。シンプルなシステムとアフターサービスの丁寧さに満足しています。ただ、わざわざNIROを買うこだわりの方なら、是非、Time Domain社のスピーカーの音を聴いてみて下さい。音作りの発想が違い、一律な比較は出来ませんが、自然な音質、音場の広がりはに驚かれると思います。NIROを先に購入していたのですが、試聴室で聴いて、即購入してしまいました。

投稿: nobu | 2005/06/22 07:52

雑草さん、Keyさんコメントありがとうございます。僕は疑い深くて現物を確かめないで、通販やHPでものを買うのはとても苦手、お金もさることながら「騙され感」がなにより嫌なのです。ですから今でもアマゾンで書籍をたまに買うくらいです。その疑い深い僕が購入したのです。Nakamichiブランドの過去の姿勢と値ごろ感です。いまでは価格が安すぎて作者に申し訳ないと思っているこの一年です。その上今回の第一回のバージョンアップは送料も含めて無料です。心意気が伝わってきます。元メーカーの原価管理担当としてはちょっと心配?になるくらいです。こういう会社を見つけると「俺の鼻も捨てたものではない」などと自信というオマケまでもらってしまいました。

投稿: 懐中電灯 | 2005/06/01 09:21

先日たまたま、BOSEのホームシアターシステムを視聴する機会があり、そのサウンドに感動したので、次に購入するときはBOSEにしようと思っていました。
しかし、この記事を見て、niro1.com にも興味が沸いてきました。次回購入時の候補のひとつにしたいと思います。(今使っているのはYAMAHAです。)

投稿: Key | 2005/06/01 08:44

ホームページ見ました。本当に低価格ですね。私もカーステレオのカタログを見たことがありますけれど、製品一つあたり何十万円という世界でした。
メモリーカードを後に差し込むだけというアップグレードメンテナンスにもビックリですね。最高の音質を誰もが自宅で楽しめる時代になってきましたね。

投稿: 雑草 | 2005/06/01 08:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/4285464

この記事へのトラックバック一覧です: 5.1サラウンドの「これぞ顧客満足」:

« 社員(労働者)受難の時代 | トップページ | 八ヶ岳を歩く »