« 名経営者小倉昌男逝く | トップページ | 世界遺産のパラドックス »

2005/07/06

お地蔵様を描くひと

imge 昨年3月に札幌のNTT北海道セミナーセンタへ行きました。受付カウンターに笑顔が素敵なお地蔵様の絵が飾ってあり、貼ってあるポスターには、近くの円山公園の、八十八体の仏像が丹念に描かれていました。おもわず在庫があったら二つとも頒けて欲しいとお願いしましたが、残念なことに在庫が無くてその時は分けていただけなかったのです。作者の樫原恵一さんはNTTの社員だそうです。その樫原恵一さんは同道してくれたマロン氏http://li-nk.cocolog-nifty.com/の友人だというので、後日送っていただくことにしました。後日ご本人から直接作品を送っていただき以後メールを交換する仲になりました。今年2月に札幌へ行く機会に恵まれ、樫原恵一さんと会うことができました。想像通り優しい笑顔が似合う方、お地蔵様の笑顔は樫原恵一さんの笑顔だったのです。今似顔絵を描いていると聞き、早速自分の葬式の遺影を地蔵様のお顔を似顔絵にして描いてもらうお願いをしてきました。もちろん「くれぐれもまだ辞世の歌もできていないので急ぎませんから」と条件付です。以前このブログで須賀原信広さんの札幌のカーシェアリング事業の話を書きましたが、その須賀原信広さんにお地蔵様の絵を見せたらなんとすでに旧知の仲、早速集まって一献ということになりました。縁とは不思議なものです。やっぱり「ともだちの友達はともだちだ!」

|

« 名経営者小倉昌男逝く | トップページ | 世界遺産のパラドックス »

コメント

きっと心のどこかに発信機があって、日々の行動で見えない電波を発信しているのでしょう。その周波数が一致しているのかもしれませんね。

投稿: 懐中電灯 | 2005/07/08 10:17

友達って不思議ですよね。何か引き付け合うモノがあるのかな。

投稿: 雑草 | 2005/07/06 08:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/4635335

この記事へのトラックバック一覧です: お地蔵様を描くひと:

« 名経営者小倉昌男逝く | トップページ | 世界遺産のパラドックス »