« 薬師岳から槍ヶ岳へ(1)薬師岳の圏谷 | トップページ | 薬師岳から槍ヶ岳へ(3)-黒部五郎岳の圏谷- »

2005/08/18

薬師岳から槍ヶ岳へ(2)-薬師平の花々-

<薬師平から黎明の槍ヶ岳、黒部五郎岳>   pict0007 8月8日分今日の縦走路は太郎山、北の俣岳を経て黒部五郎岳を目指す。一日が長いので、薬師岳山頂でのご来光を諦めて、3:30分まだ明けやらの星明かりを頼りにそっと山荘を抜け出し、途中の薬師平で朝日を仰ぐことにしました。三脚を据付け、持参のご飯を温め、秋刀魚の蒲焼を頬張りながら朝日の出るのを待ちます。日の出前、かすかに空が明るくなり、今日訪れる、ピーク北の俣岳、黒部五郎岳が見えてきます。そして明後日今回の目標、槍ヶ岳が屹立しています。やはり槍ヶ岳は、何度登っても、遠望する山、撮る山、憧れる山です。

                  <薬師平のあおのつがざくら>
pict0024 薬師平は足元には「あおのつがざくら」「はくさんいちげ」「ちんぐるま」などがひそやかに咲いています。カメラを向ける被写体に困ることはありません。道々何度もかがみこんでチングルマを撮っていると、後ろを歩いていた老中とおぼしきご夫婦に「何度も撮っていますね、花に違いがあるんですか、みんな同じにみえますが?」と声をかけられました。チングルマは我々老中の応援歌、朝露のつきかた、輝き、風に吹かれてなびくさま、少しづつ個性があって微妙に違うんです。苦楽を重ねた顔のようにもみえます。                         <薬師平のチングルマ> pict0020                                                                  
 pict0023           <薬師平のハクサンイチゲ>                                         

白い花をつけるチングルマは草花のように見えますが、落葉低木です。ハクサンイチゲも白い花で、同じところに咲いていますが、少し丈が高く、花も少し大きいので見分けることができます。        

|

« 薬師岳から槍ヶ岳へ(1)薬師岳の圏谷 | トップページ | 薬師岳から槍ヶ岳へ(3)-黒部五郎岳の圏谷- »

コメント

チングルマは木なのですね。この意外性に刺激され、このような話を思い出しました。『馬も自分の能力に気付くと人間に使われなくてもいいのに』と多くの人がそうなんじゃないかと思うのです。少しずれましたね。

投稿: 雑草 | 2005/08/19 15:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/5513357

この記事へのトラックバック一覧です: 薬師岳から槍ヶ岳へ(2)-薬師平の花々-:

« 薬師岳から槍ヶ岳へ(1)薬師岳の圏谷 | トップページ | 薬師岳から槍ヶ岳へ(3)-黒部五郎岳の圏谷- »