« 薬師岳から槍ヶ岳へ(3)-黒部五郎岳の圏谷- | トップページ | 薬師岳から槍ヶ岳へ(5)-槍ヶ岳讃歌- »

2005/08/25

薬師岳から槍ヶ岳へ(4)-過去現在未来-

pict0017こぼれ落ちてきそうな満天の星を仰ぎながら3:30三俣山荘を出立、山頂でのご来光を期待して懐中電灯を頼りに登ること一時間、三俣蓮華岳標高2,841メートルの山頂に立ちました。早速三脚を立てて、それからご飯をボイルして朝食をしながら待っていると霧や雲が鮮やかに七色八色に変化しながら流れていきます。そして朝日が昇ってきます。日の出前後30分がシャターチャンスなのです。今朝は三日目展望も良く、昨日喘ぎ喘ぎ歩いた薬師岳、北の俣岳、黒部五郎岳山の起伏も今はなだらかに連なっています。

                                                        <ウサギギクとミヤマダイモンジソウ> pict0047     そして双六岳、樅沢岳、西鎌尾根を経て槍ヶ岳へ至る,今日一日歩く縦走路も見えています。僕が縦走が好きな理由はこの風景です。昨日まで歩いてきた山並み、そして今日から明日へと歩く山並みが、この今立っている頂上で繋がっているのです。過去と未来が今立っているこの足元の一点で繋がっています。あたかも人生が見えるようで「現在、過去、未来・・・・・」とカラオケの歌が聞こえてくるようです。大輪のウサギギク、細い花弁を精一杯伸ばしたミヤマダイモンジソウが対照的に並んでいます。今年は花の写真の収穫の多い山行です。

|

« 薬師岳から槍ヶ岳へ(3)-黒部五郎岳の圏谷- | トップページ | 薬師岳から槍ヶ岳へ(5)-槍ヶ岳讃歌- »

コメント

一生懸命そこに意識を注いだから過去・未来が見えてくるのですよね。今先生から薦めて頂いた『文明の生態史観』・『カウンターゲーム』読んでいます。最近見方が変わったのかなと思います。

投稿: 雑草 | 2005/08/25 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/5594640

この記事へのトラックバック一覧です: 薬師岳から槍ヶ岳へ(4)-過去現在未来-:

« 薬師岳から槍ヶ岳へ(3)-黒部五郎岳の圏谷- | トップページ | 薬師岳から槍ヶ岳へ(5)-槍ヶ岳讃歌- »