« 憲法九条を考える | トップページ | 決めるということ »

2005/09/02

変な日本語?

テレビニュース番組に若い女性のアナウンサーの活躍が目立ちます。老中にとっては華やかでありがたいのですが、最近日本語の使い方の間違いではないかと、とても気になる表現があります。巷でも若い女性を中心にすっかり定着しつつあります。そのうち若い男性、中年へそして我々老中へと広がってしまうのではないかと危惧しています。ニュースの中の取材番組などで「これから・・・・・やってみたいと思います」とか「・・・・・へ行ってみたいと思います」という表現です。必ずといっていいほど後ろに「思います」がつくのです。実際に行動を起こすシーンですから「これから・・・・をやります」「・・・・・・へ行きます」せめて「やってみます」「行ってみます」ではないでしょうか。気になりませんか?
  

最近はテレビ局も女子アナをタレントもどきに仕立て上げていますが、若いタレントならいざしらず、一般にはアナウンサーの言葉遣いは相当教育されて、正しい日本語を使っていると思われています。そのアナウンサーが多用したら必ずや一般に広がっていきます。いま総選挙のさなかですが、選挙演説でも「お願いしたいと思います」とがなっている政治家も多いのですが、ここは「お願いします」ではないでしょうか。こういうことが耳に障り、気に障るようになったこと自体老中ゆえかもしれないと思いつつ、それでもとても耳障りなのです。

|

« 憲法九条を考える | トップページ | 決めるということ »

コメント

何処で聞いたか覚えてませんが、『最後に思いますと付けると決意が伝わらない』と誰かがおsっしゃてました。私も、そうだと思います。
言霊という言葉があるように発する言葉が精神に与える影響は大きいだろうなと感じます。『思います』と使い続けていると知らず知らずに気持ちが逃げてしまうのでは、と感じます。

投稿: 雑草 | 2005/09/02 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/5748741

この記事へのトラックバック一覧です: 変な日本語?:

« 憲法九条を考える | トップページ | 決めるということ »