« コストの表と裏(2)龍安寺の石庭 | トップページ | 名儀貸し-名を惜しむ »

2005/12/27

インド雑感(2)人口十億人?

インドははじめての経験で、原爆も保有しているし大国というイメージでデリー空港に降り立ちました。空港施設があまりの貧弱さに驚きました。町の中も夜は真っ暗、インドの経済は今離陸がはじまったばかりです。現在人口は約十億人、中国は約13億人です。

中国では一人っ子政策が長期に続いていますから、人口増加は抑えられていますが、インドは多産国、近々中国の人口を追い抜くことになるでしょう。この人口が経済的豊かさに目覚め、離陸をはじめた21世紀のエネルギー消費は想像を超えるものがあります。自国内の環境汚染も相当なものになるはずです。水俣病、四日市喘息など環境汚染に苦しみ、克服してきた日本では知識人の多くが、中国やインドなど発展途上国に対して「日本に学べ、今から環境汚染対策に投資せよ。先回りせよ」といくら口でいってもムリがあります。京都議定書も有名無実化してしまっていますが、中国やインドの庶民の貧しさの実態をみれば、とても「長い眼で見て、先のことを考えて食うのを我慢せよ」ということはできません。きっと豊かさを先取りした人々の戯言としか聞こえていないでしょう。もっともこんな戯言きっと届いていないでしょう。もし地球温暖化が文明化がもたらすCO2増加に原因があるとすれば、もう止めることはムリかもしれません。

|

« コストの表と裏(2)龍安寺の石庭 | トップページ | 名儀貸し-名を惜しむ »

コメント

最後は本人の選択ですが、親として言って置くべきことがあります。結果子供が言うことを聞かなくて失敗しても「あの時親が言ったことはこのことか」と気づけば教育は成功です。言っておかないと、他人のせい、世の中のせいにして、なぜ失敗したのか真の原因に気づかず終わってしまうことが多いのです。それが自己責任の意味、自己責任だから自由放任でいいということではないのです。経営者と社員も同じですね。

投稿: 懐中電灯 | 2005/12/27 11:36

私ブログ読みながら親子関係にも似ていると思いました。
私の父は、同じ過ち、時間の無駄をさせないように私にアドバイスしてくれましたが私は、失敗、遠回りになっても、してみたいコトがありました。ただの反発だったのかもしれませんが私は、それをして良かったと思ってます。
本題と外れてスミマセン

投稿: 雑草 | 2005/12/27 08:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/7813304

この記事へのトラックバック一覧です: インド雑感(2)人口十億人?:

« コストの表と裏(2)龍安寺の石庭 | トップページ | 名儀貸し-名を惜しむ »