« コストの表と裏(1) | トップページ | コストの表と裏(2)龍安寺の石庭 »

2005/12/25

インド雑感(1)離陸直前

<ムガール帝国五代皇帝愛妃の墓タージマハルと夾竹桃>
20051218pict0535 師走の12/15日~21日インドを駆け足で垣間見てきました。巷ではにわかにBRICSといわれ注目されています。第一印象は飛行機にたとえるなら滑走路を走り出し加速していま前輪が地上から離れようとしているところでしょう。もう後戻りはできません。地政学的にも中国のカウンターパワーとして期待され、投資が始まっています。首都デリーは道路の拡幅が急?ピッチで進んでいますが、交通網などインフラはまだまだ中国の20年以上後を追っているようにみえました。
民哀し
白亜の石を妃墓と磨く
専制君主の権力の下で -雛鳳-  

 首都のデリーですら夜は暗闇で、ビジネスマンらしき背広姿の男達がかばんを小脇に立小便をしている姿が目に付きました。インドは牛が町の中を自在に闊歩していると聞いていましが、野良犬が目立ち、丸々太った豚も街角のゴミを漁っていました。日本では熊、猪、猿が出没していますが、発展途上というより緒についたというところでしょう。ホンダの合弁ヒロホンダの工場がデリー郊外で目立っていました。

|

« コストの表と裏(1) | トップページ | コストの表と裏(2)龍安寺の石庭 »

コメント

羨ましい。いつも第一声は同じですね。
先生のブログを読んで思うようになったことが、旅行も仕事も色んな角度から見ることは、おもしろいですね。

投稿: 雑草 | 2005/12/25 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/7805738

この記事へのトラックバック一覧です: インド雑感(1)離陸直前:

« コストの表と裏(1) | トップページ | コストの表と裏(2)龍安寺の石庭 »