« 明けましておめでとうございます | トップページ | インド雑感(3)聖地ベナレス »

2006/01/06

大雪の蔵王

      <祈りを捧げる人々>       20060102zyuhyoubannsyouPICT0673 正月の二日、山形蔵王で樹氷を鑑賞しました。例年は正月にはまだ樹氷は育っていなくて見ることはできないのですが、今冬はニュースでも報じられていますが、昨年暮れからの豪雪で、見事な樹氷が育っていました。ライトアップされた樹氷を鑑賞しようと標高1800㍍付近までゴンドラを乗り継いで上がりました。ー15度Cの中で頬を雪風に叩かれながらカメラのシャッターもままならない鑑賞になりましたが、モンスターとも称される樹氷の林立に息を呑みました。

ミレーの晩鐘を思わせる人々の祈りの像が印象的でした。ひたすら神に敬虔な祈りを捧げています。20060102yukinozizouPICT0682 安置されたお地蔵様はすっかり雪に埋もれています。一両日で雪に埋まってしまうことでしょう。地表にあったはずのお賽銭箱だけはなぜか雪の上に置かれています。翌日も樹氷を撮ろうとゴンドラを乗り継いだのですが、吹雪で真っ白、いつか青空の下の樹氷を取りに再挑戦することにして諦めました。初日に二十数年ぶりにスキーにチャレンジしましたが、娘の前で格好をつけた途端、膝がバリッと音を立てて、スキーを断念、露天風呂の正月になりました。蔵王はパウダースノーで雪質も良く、雪煙をあげて滑降している姿がとても美しいので、今冬中にスキー教室に参加して老中の楽しみの一つにしたいと念じた新年でした。蔵王温泉は温泉の泉質もよく、春夏秋冬何度訪れても楽しめそうです。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | インド雑感(3)聖地ベナレス »

コメント

今朝ラジオで20数年ぶりの寒さで経済効果が何億とか言ってました。自然の力はすごいですね。人間の力の小ささを感じますね。

投稿: 雑草 | 2006/01/06 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/8018822

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪の蔵王:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | インド雑感(3)聖地ベナレス »