« 「実習生」という仕掛品を売るお店 | トップページ | 古河の桃祭り »

2006/04/09

上野公園の夜桜

  <上野寛永寺五重塔の夜桜>
P1000352_3 毎年上野公園の夜桜を見るのが習慣になっています。今年もちょっと出遅れたかなと思いながら4月3日 薄暮の上野公園を散歩しました。桜が今を盛りと咲いています。たどたどしい日本語で中国人の若者が日本人からお金を受け取っていました。席取りのアルバイトのようです。合理的には当たり前に見えますが、それならいっそホームレスの仕事にして席料を徴収し、公園に住むホームレスの再生支援の資金にしたらいかがなものかと思いつつ、若手社員が一日のんびり席取りをしていた頃を懐かしんでの観桜散歩でした。

|

« 「実習生」という仕掛品を売るお店 | トップページ | 古河の桃祭り »

コメント

 東京の上野公園が昔、江戸幕府が出来たころ江戸城の北の守りとして津軽藩邸が置かれていた事を。
 一昨年、上野公園を散歩していたら「旧津軽藩邸跡」という表示をみて、早速両国の「大江戸博物館」へ行って事情を調べてわかりました。
 江戸の大火の後は両国、さらには亀戸天神の辺りに江戸屋敷を構えていた様です。

投稿: 對馬省次 | 2006/04/10 09:13

今東京では、そんな状況なんですね。差別するわけではありませんが、私もそう思います。

投稿: 雑草 | 2006/04/10 08:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/9502315

この記事へのトラックバック一覧です: 上野公園の夜桜:

« 「実習生」という仕掛品を売るお店 | トップページ | 古河の桃祭り »