« 雨引観音の孔雀と桜の競演 | トップページ | 消費者金融という蜘蛛の巣 »

2006/04/18

造幣局の通り抜け

   <今年の主題花 大手鞠>       Ootemaripict1110_2  新幹線が名古屋を過ぎて、関が原付近に差し掛かると山裾を桜の花がピンク色に染めていました。桜はあきらめていた16日の京都散策もまだ楽しめそうな予感がしてきました。今年は観桜の当たり年です。まず4月15日は全国的にお花見のスポットとして有名な「大阪造幣局の通り抜け」を散策しました。ここは少し遅咲きの八重桜の名所です。全国から選りすぐり、手入れの行き届いた120種370本の八重桜があります。

                                 <法明寺>
Houmyouzipict1120 小雨の降る薄暮の中、満開の花のトンネルを歩くのですが、一日十万人訪れるそうで、立ち止まることは許されないので左手に傘、右手にカメラ、幸い小雨なのと花の傘に守られてあまり濡れることもなく写真に収めることができました。毎年「今年の花」というテーマで選ばれるのですが、今年は写真の「大手鞠」八重の花が密集して見事なので、手折って背筋に挿して歩きたくなるほどです。雨に濡れた桜の葉は桜餅を包んだ桜葉のようにしっとり柔らかく口に含んだら塩味と桜の香りが漂ってくるようです。
  <淡黄緑色の花をつける鬱金>
Ukonnpict1113 鬱金の花は名前の由来のウコンの根のように淡黄緑の色で孤高を保っています。通り抜けの横は、大川の桜並木が続いていますが、さすがにソメイヨシノは盛りを過ぎて花を川面に散らしていました。今年の各地の桜は開花後の冷え込みで花もちがよく長い観桜を楽しめたようです。明日の京都大原の桜はどうでしょうか。
<造幣局通り抜けHP>                                    http://www.mint.go.jp/sakura/

|

« 雨引観音の孔雀と桜の競演 | トップページ | 消費者金融という蜘蛛の巣 »

コメント

綺麗ですね。1日10万人もいらしゃるとは、スゴイ人気ですね。

投稿: 雑草 | 2006/04/19 08:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/9648751

この記事へのトラックバック一覧です: 造幣局の通り抜け:

« 雨引観音の孔雀と桜の競演 | トップページ | 消費者金融という蜘蛛の巣 »