« 駐車違反摘発の民営化の先にあるもの | トップページ | 東アルプスを歩く(3)東アルプスのシンボル »

2006/06/07

東アルプスを歩く(2)日本海の名称も?

東アルプスの名称のことを考えながら歩いていて、ふと日本海の名称について考えていました。日本海の名称に韓国が異議を唱えています。日本人は昔から世界が日本海として認めているとして取り合いませんが、これも日本から見た名称です。
 朝鮮半島は長い間中国の歴代王朝に朝貢して存続してきた国ですから、中国の歴代支配者としては東の外れの海など関心もなかったことでしょう。その後日本が欧米の列強の仲間入りして、大日本帝国と名乗り韓国を支配して来たわけですから、日本海の名称について考えることすらなかったのです。
 しかし第二次世界大戦の破壊を経験し、国境を武力で変える時代ではなくなり、国家もそれぞれ自立していく時代になりました。朝鮮半島が韓国として自立した今日、日本海という名称も日本と韓国で協議して国際的に新しい名称にするといいのではないでしょうか。少しは日韓関係の安定化に寄与できるのではないでしょうか。

|

« 駐車違反摘発の民営化の先にあるもの | トップページ | 東アルプスを歩く(3)東アルプスのシンボル »

コメント

ネット上で探していたら、次の発言が見つかりました。

quote
「東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる」

「東海の小島」の在りかは、仏教的世界観を背景としたインド、中国、韓国からみた日本を指している。日本海のことを中国は東海(トンハイ)韓国は東海(トンヘイ)と呼んでいる。「蟹」は、英語のことを蟹文字と呼んでいた。

したがって、“中国・インド・韓国からみた日本の磯の白砂に、私は、泣きぬれて英語を書いて遊びたわむれていた”となるのではないか。unquote

啄木のこの詩の背景を知らないので、この考えが正しいのかどうかは判断できません。

投稿: 雲水 | 2006/06/11 23:24

石川啄木が歌ったあの東海も、中国から見た東海なのでしょうかね。とすると「小島」が日本?

投稿: 東海の小島の・・・・・ | 2006/06/09 05:22

北京留学中、大学の教科書に「東海」という地名が何度か出て来ました。俚諺や古い書物にも使われています。調べていく内にこれが日本海だと判りました。
中国では未だに日本海という地名を使っていない。「東海」です。国際的共通語なので、使って欲しいのですが、政治は難しいですね。

投稿: 雲水 | 2006/06/07 18:19

先日テレビでノムヒョン大統領が自己保身のために日韓関係を悪くしていると言っていました。もちろんそのまま鵜呑みにするのは危険だと思いますが難しい問題ですね。

投稿: 雑草 | 2006/06/07 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/10388055

この記事へのトラックバック一覧です: 東アルプスを歩く(2)日本海の名称も?:

« 駐車違反摘発の民営化の先にあるもの | トップページ | 東アルプスを歩く(3)東アルプスのシンボル »