« スカイプで家族のコミュニケーション | トップページ | 引き際の「爽やかさ」と「醜さ」と(2) »

2006/07/21

引き際の「爽やかさ」と「醜さ」と

欽ちゃんの今度の引き際はみごとですね。「それでも責任を全っとうします」なんて福井総裁のような馬鹿なこといいません。福井総裁と村上氏、欽ちゃんと極楽トンボ(山本)同じ関係です。そして若い者の不始末、色々理由はあるでしょう。しかし年長者としての己の不明を恥じ、若者を切り捨てないで、まず己の出処進退を明らかにしました。極楽トンボ(山本)にとっても「ひとは信頼に足るもの」という再生の細い糸を残してあげることができたのではないでしょうか。老中になると体力では負けますが、せめて年長者として、若者からの信頼は守りたいものです。 

 世界経済に影響力を持つ人物よりも、庶民の側に立つ欽ちゃんのほうが、武士道精神を若者に伝えていますね。
 サッカー中田選手の引き際も見事ですね。29歳という若さ、自他共にまだまだ十分できるというサッカー人生の登り坂の途中(後でそこを頂点という)で、一度自らピリオドを打ったということは、ここで一度死んだということです。中田選手も、もう一つ、第二の人生をスタートできます。ひとは生まれ変われる、ということを証明して見せたのが、中田選手の引退宣言ではないでしょうか。サッカー少年たちにも、”ひととしての有り様”を、自分の生き様を教材にして、見せたのではないでしょうか。

|

« スカイプで家族のコミュニケーション | トップページ | 引き際の「爽やかさ」と「醜さ」と(2) »

コメント

欽ちゃんの引き際の潔さには拍手喝采です。爽やかな緑の風を感じさせます。人間この様にありたい。例えば福井総裁はその後、飯も不味かろうし、人と会う時も常に引け目を感じるだろうし、心の中はズタズタでこの傷は一生消えないでしょう。勇気を以て為した決断の褒美は穏やかに過ごせる人生とこころだと思います。

自分には出来ない欽ちゃんの潔さ、いざの時には真似が出来る事を祈るばかりです。

欽ちゃん野球をカムバックさせようとの動きが活発化していますが、既に一度解散表明をし、けじめを付け、十分禊ぎを終わった後ですから、新たな挑戦として再度復活する事に賛成です。

投稿: 雲水 | 2006/07/22 14:16

深いですね。先生のご意見を聞いて納得しました。ありがとうございました。

投稿: 雑草 | 2006/07/22 13:37

極楽トンボ(山本)は事件の当事者である女性に対して、仲間に対して、欽ちゃんに対して責任を負わなければなりません。欽ちゃんはチームの創設者でありトップです。メンバーが犯した罪は対外的には全責任はトップにあります。
 しかもこのチームの設立の目的は雑草さんも書いている通り「青少年の夢」を売る(提供)ことです。そしてここがマスコミ報道でも見落としていることです。「青少年の夢」を売るはずのメンバー(社員)が17歳の少女を弄んだのです。己のお客様を、己の商品を弄んだと同じです。
 もちろん「被害者の女性は何故ついて行ったのか、ついて行った奴にも責任があるはずだ」と言う意見もありますが、それはお客様からでるのはかまいませんが、自分たちは一切考えてはいけないことです。それは外部の人たちがかってに評価することです。
 パロマの問題も同じですね。21人のお客様を殺したのです。欽ちゃんのように真っ先に対処していれば防げたはずですね。「社員が情報を隠した」は内部の理由であって対外的には常にトップに全責任があるのです。そういう姿勢を示してこそ、お客様も商品やそれを提供する社員をも信頼してくれると思います。
 茨城G・Gの存続は、偏にお客様に委ねられているのではないでしょうか。欽ちゃんが演技でやったことかどうかは、お客様が判断することでしょう。
 ついでに僕が極楽トンボ(山本)と書くのは、相方の加藤さんが辛い立場に立っていますが、相方の不始末ですから、極楽トンボの一人としては逃げてはいけないと思うからです。ここはあまんじて受けて、極楽トンボブランドを捨てて、加藤ブランドで再生して欲しいですね。
 相田みつをの詩にも「べんかいのうまい人間、あやまりっぷりのいい人間」がありました。これからは、あやまりっぷりのいい人間になりたいですね。

投稿: 懐中電灯 | 2006/07/22 11:54

この問題を懐中電灯さんのブログで始めて知りました。正直私は、「個人の問題(除名処分)だけで良かったのではないか?」と思いました。球団を解散すると、そこに夢を持って入団した女の子や他のメンバーも途方に暮れるのではないかと思うのですが懐中電灯さんは、ここについてはどのようにお考えですか?

投稿: 雑草 | 2006/07/22 08:22

人間引き際が大事ですね。僕が思い出すのは山口百恵。人気の頂点で引退。引退宣言を出しても再び戻る芸能人が多い中。見事でした。頂点で引くことで、伝説化する。意図したことではないとは思いますが立派でした。サッカー選手のカズのように、未だ走っている人もいます。要は自分の哲学を持っているかです。しかし、中田はあの歳で哲学を持つ稀有の人ですね。

投稿: komeya | 2006/07/21 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/11025924

この記事へのトラックバック一覧です: 引き際の「爽やかさ」と「醜さ」と:

« スカイプで家族のコミュニケーション | トップページ | 引き際の「爽やかさ」と「醜さ」と(2) »