« 後藤田正純政務官辞任に拍手 | トップページ | 地域活性化の難しさ(2) »

2006/09/12

地域活性化の難しさ(1)

                                     <恵比寿・大黒>                            Pict0013_2                             
9月9日巣鴨へ出向く用事があり、ついでに家内を誘って、年寄りの原宿といわれる、刺抜き地蔵の門前町巣鴨地蔵通りを散歩しました。来月孫が遊びにくるからついでに孫の喜びそうなものを買おうと、お店をのぞきましたが、お店の店頭があまりに面白みがないので、びっくりしました。100円ショップやいかにも年寄りのものといったものばかり、テレビ報道でも年寄りの財布の紐が固いと報じていましたが、財布の紐を緩めるものがないのです。

 毎月四のつく日に夜縁日が開かれます。小学生の頃、往復10円の都電に乗って洟垂れ小僧数人で、夜店を歩いたのを思い出します。商店街には古めかしい、地元の住民を相手にした電気屋、衣料品屋などの商売も多数混在しています。これでは年寄りの原宿としゃれ込んできた観光客にとっては興ざめです。原宿というなら、商店街の世話人はしっかり本物の原宿を研究する必要があります。商店街全体がひとつのショッピングモールであり、お客様が主役を演じる舞台であり、商品でもあります。すっかり、非日常で、新鮮で、またきたくなるように装わなければいずれ衰退するのではないでしょうか。
 団塊の世代が老中を自認するようになるまでが、タイムリミットでしょう。なにか買うものがないかと、ショッピングする年寄りが中を覗くお店は写真のような小物やタペストリ、孫のお土産になりそうなものを飾った明るいお店です。家内は七福神のお手玉と、和風の一輪挿しを買っていました。一個270円ですが、七福神といわれると、結局七つセットで買うことになります。
 刺抜き地蔵にお賽銭を上げながら、地域活性化は地元のひとが己の脳みそを、いつもかき回していないと続かないのではないか、とお地蔵様に問いかけましたが、お地蔵様は無言のまま、おばさん、お姉さんに頭を撫でてもらってニコニコするばかりです。
 

|

« 後藤田正純政務官辞任に拍手 | トップページ | 地域活性化の難しさ(2) »

コメント

コメントありがとうございます
<雲水さん>
すごいお母上ですね。話題があうのでコミュニケーションは取りやすいですね。地域を牛耳っている方の多くが時代の変化を理解できないでいるのだと思います。気がついていないので始末が悪いです。自分も影でそういわれないように、気をつけなければと自戒しています。
<アントニオさん>
地域でせっかく成功したのに、その力を地域に戻そうとしないで、安直に蓄財だけを考えた結果が今の各地の商店街の実体ではないでしょうか。
 小田原は、ブランド力もあり、地の利もいいと思いますが、その分過去の蓄積がものをいって、動かないのでしょうね。商店街の方々に、「世の中の変化を見誤ると北条三代と同じ轍を踏みますよ」と言ってあげてください。小田原はまだ間に合います。

投稿: 懐中電灯 | 2006/09/13 09:52

地域活性化ならぬ、地域画一化。今の時代どこの町に行ってもナショナルチェーンの看板、飲食、駅前は消費者金融の看板が、ところ狭しと並び、ゴースト化。街独特の商店街が姿を消してしまった。文化大破壊です。
おまけに24時間営業の年中無休と、さらに文化破壊へと拍車を掛けていますね。
僕は文化とはその街に住む人々が独自の工夫により、店を作り、商品を選び、陳列することだと思う。そして慣習に従い、お盆、お正月は休み、夜は店を閉めることだと思う。
僕は商売柄、たたんだ店を多く見てきた。八百屋さん、酒屋さん、米屋さん。
そして近くの大型店舗にまた人々は流れていく。
そして街はシャッター通りへ変わっていく。
全国津々浦々同現象が起こっているようですね。
これは考えなければならない問題だと思います。

投稿: アントニオ | 2006/09/12 22:17

我が母は85才ですが、パソコンで株をやり、日経を購読、読書量も多く、テレビの情報番組も多く見ます。週刊誌も2冊見る。今やこういう年寄りは決して特別ではないと思います。
それなのに年寄りだからと言って敬老の日に500円の弁当、紅白饅頭、チーチーパッパでは如何にも興醒め。
今時の年寄りは経済力、知識、体力、情報どれをとっても侮れない。町内活動ももっと近代化しないと益々若者が離れていき、高齢化の一途を辿るに違いない。行き先はゴーストタウン?これでは地域活性化は全く望めない。
団塊の世代の我々に対し、今後大いなる活躍が期待されていると思われます。

投稿: 雲水 | 2006/09/12 11:07

そうですね。年寄りと言っても10年前の年寄りと今の年寄りは違いますよね。また、お店も私の勝手なイメージかもしれませんが地域の特性を出しているところが少ない気がします。全国何処へ行ってもFCの店があったり自分が住んでいる町と大差無いイメージが強いです。

投稿: 雑草 | 2006/09/12 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/11851479

この記事へのトラックバック一覧です: 地域活性化の難しさ(1):

« 後藤田正純政務官辞任に拍手 | トップページ | 地域活性化の難しさ(2) »