« アメリカのドルと北朝鮮のドル | トップページ | 本物と偽物の違い(2) »

2006/11/06

本物と偽物の違い(1)

我々老中の子供の頃から頓知で知られ、庶民にも人気の高かった一休禅師は、足利義政の治世、応仁の乱の始まりの頃、臨済宗の高僧で名僧でした。後小松天皇のご落胤とも、足利義満のご落胤ともいわれています。禅僧でありながら側女がいたとか数々の奇行で知られています。一休禅師の奇行として残っている話があります。一休禅師がぼろの破れた袈裟をまとい、托鉢僧の姿で京の富者の門前に托鉢をして歩いたところ、ある富者の屋敷ではお布施どころか、門前払いで叩きだされてしまいます。翌日禅師として最高の法衣をまとって、追い払われた富者の屋敷を訪ね一休禅師であることを告げたのです。

 屋敷の主人は丁重に座敷に通して上座に据えてもてなしたのです。すると一休禅師はやおら法衣を脱いで、脱いだ法衣を上座に据えて
「さあ崇めよ」といったのです。
屋敷の主は驚いて眼を白黒させていると、
「昨日追い払った乞食坊主はここにいる。昨日と今日の違いはこの法衣である。お前は法衣を崇めているのであろう」といったので、屋敷の主は平身低頭で謝ったといいます。
本物とはなにか?偽者とはなにか?の禅の問いでもあります。一休禅師だって果たして本物とといえるかどうか臨終に際して「死にとうない」といったそうです。
 昨日世界最大の店舗面積を有するグッチの旗艦店が銀座にオープンしたことをニュースが伝えていました。日本人のブランド好きを象徴しているニュースです。一休禅師の奇行はいまならさしずめブランドとはなにか?の問いでもありますね。

|

« アメリカのドルと北朝鮮のドル | トップページ | 本物と偽物の違い(2) »

コメント

すいません。見た目はなんとかはアントニオでした。

投稿: アントニオ | 2006/11/06 17:04

見た目が何とかという本が売れているとか聞きましたが、僕らはその本質より見た目に騙されやすいですね。
それはCMやあらゆる広告、週刊誌の表紙をみればわかります。ほとんどが綺麗な女優さんを使っている。
消費者金融もそうですね。

それは、僕らの目が濁っているからです。
イメージを良くするというのは、脳内の快感をいかに高めるかということ。あるいは記号論が徹底的に広告に使用されている。
グッチやエルメスという記号は何を意味するでしょうか?
それを持つことにより何を得たように錯覚するでしょうか?
僕にわかりませんが、広告のプロはそれを見抜いているはずです。

一昔前にマルボロというタバコが西部劇のような場面で吸われていたCMがありました。あれは簡単。マルボロを吸うことで、ワイルドな自分を感じる。記号はワイルド、かっこよさ。

さて、その見た目からいかに自由になるか?記号からいかに自由になるか?仏教の瞑想に綺麗な女性の体内を想像していくというものがあります。綺麗な(僕らの主観的幻想)というものから自由になるということですね。

なんて僕は綺麗が大好きでそこから逃れない煩悩を抱えていますが・・。

投稿: 見た目がなんとか | 2006/11/06 17:02

同じデザインの物が2つあり片方にはグッチ、エルメスなどの名前が付いてたら価格は何倍も違いますよね。
私も何の違いなんだろうと思う時があります。

投稿: 雑草 | 2006/11/06 08:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/12548179

この記事へのトラックバック一覧です: 本物と偽物の違い(1):

« アメリカのドルと北朝鮮のドル | トップページ | 本物と偽物の違い(2) »