« 松岡正剛著「フラジャイル」自他共に「弱さ」を認めると楽になる | トップページ | 勝ち者は約束を破る?(1)強者と「勝ち組」の分かれ目 »

2006/11/27

「お犬様」報道はマスコミの馬鹿さ加減

「崖っぷち犬」をマスコミで大騒動です。電波の無駄遣いです。一方で岡崎のホームレス連続襲撃事件、事件の背景やその重みの違いを考えて報道して欲しいですね。
 視聴率云々というけれど、ニュースとして流さなければ見ないわけですからね。せめて朝晩のニュース報道くらい、もっと海外のこと政治、経済、社会のことに時間を割いて欲しいですね。庶民を馬鹿にしているのはマスコミの報道にも原因がありますね。
 最近は愛犬家も多くなって、犬の悪口も言い難くなりましたが、同じ日に犬、猫が苦手の我が家の庭に犬が紛れ込んできました。首輪がついていますが、ほとんど眼も見えない、歩くのもおぼつかない、汚れて臭いも激しく、老衰間近と思われるお犬様です。

 ご近所の犬で邪険に追い払うわけにもいかず、犬好きの友人が「邪険にするなよ」といいいたそうな顔も、瞼に浮かび難儀をしました。子供のことや孫の話をすると、「親ばか」「ジジバカ」といわれますが、飼い犬、猫の話をいくらしても、「犬バカ」「猫バカ」とは言わないのはなぜでしょうね。少子化の分だけペットが増えるのでしょうが、狂犬病にも気をつけて。

|

« 松岡正剛著「フラジャイル」自他共に「弱さ」を認めると楽になる | トップページ | 勝ち者は約束を破る?(1)強者と「勝ち組」の分かれ目 »

コメント

コメントありがとうございます
<三代目さん><会長さん>
 同じ文章を読んでも、パソコン画面上で読むのと、活字で読むのとでは、頭の使い方が違うそうです。活字で読むほうが、考えながら読んでいるようですね。 
 庶民がレベル低いことが理由ではなくて、取材のレベルが低いのでしょう。事件ものの報道は、現状を大声で伝えればいいから楽ですね。お店にとっては商品ですから、商品の同じだと思います。
 以前大手食肉メーカーとご縁があって、先方が「最近の主婦は美味しい本物のハムを作っても味をわかってくれない」というので「それはちがうでしょう。散々混ぜ物をいれ、防腐剤をいれ、色付けしたまがいものを『これぞハム』といって売って主婦の舌を教育した結果でしょう」と申し上げたことがあります。
 お店のほうが一歩リードしながらお客様を啓蒙していくことがプロの仕事ですね。お客様と共に共存するということ、大手ではできない、中小だからできることですね。
<yumenosimaさん>
 木枯らしが吹き枯葉が舞うこの時期、街中でホームレスの方々の光景をみると、本当に胸が痛みますね。老中になって、過去を振り返るとあの時一歩間違えば、紙一重で同じ境遇になっていたかもしれないとしばしば思います。実力とか、頑張ったからとか、そんな単純なことではない、みんな紙一重です。

投稿: 懐中電灯 | 2006/11/28 09:21

お犬様や子猫様の映像をみながら、氷雨の中で橋の下の人たちは空き缶拾いも辛いことでしょう。今日の糧を得ることができるのでしょうか。
心が痛みます。

投稿: yumenosima | 2006/11/28 06:33

そうなんですよね本当にニュースで崖っぷち犬を騒いでるのを見て
どうかなーと思いました…
視聴率をとるためとはいえ余りにも情けなさすぎやしませんか。。。
それに日本のテレビ番組はあまりにも品がないものが多すぎ!
視聴率に拘り過ぎるのか内容が幼稚すぎるものが多いし
最近の若者はテレビがおかしくしてると言っても間違いじゃないと思う
、テレビ局はその辺り確りして欲しいです。。
やはり情報を得る時は新聞が良いですよ、読むって事は脳を使いますしね。

投稿: 会長 | 2006/11/28 01:05

 昨今、マスコミのあり方には疑問を感じることはあります。何処までが報道なのか?微妙な部分で感じます。
 本来、必要な情報が小さく取り上げられたり、どうでも良いようなことに、たくさんの時間を使う。これは、ある意味スポンサーへの配慮なのですかね?
 どっちにしろ、私はテレビをあまり見ない(1日数十分程度)ので、関心は低いですね。情報は主に新聞とラジオからですね。

投稿: 三代目 | 2006/11/27 05:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/12814705

この記事へのトラックバック一覧です: 「お犬様」報道はマスコミの馬鹿さ加減:

« 松岡正剛著「フラジャイル」自他共に「弱さ」を認めると楽になる | トップページ | 勝ち者は約束を破る?(1)強者と「勝ち組」の分かれ目 »