« 乱読のすすめ「悪夢のサイクル」 | トップページ | 「核保有の議論」是非か非か »

2006/11/20

「父親たちの星条旗」を見た

http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/
「父親たちの星条旗」を見ました。やっぱり「人間とはなにか」を考えさせられるクリント・イースウッド作品でした。映画の出だしは全編戦争アクション映画になるのかと思わせる迫力ある戦闘シーンが続きます。海を埋め尽くす艦船、浜を埋め尽くす海兵隊、上陸が終わったところを日本軍の砲火が襲う、砲火に吹き飛ぶ兵士、トーチカからの機銃掃射にバタバタと倒れる兵士、死者を出しながら一歩一歩摺鉢山を上り詰めていくシーンと、交互に映し出しながら三人の海兵隊員がその後本国で英雄に祭り上げられていく様を追っていきます。

 HPをクリックすると摺鉢山を占領して頂上に六人の兵士が星条旗を掲げる写真がでてきます。勝利を予感させるこの写真が新聞に掲載されると、それまで厭戦気分に覆われていた、米国の国民は狂喜します。そのタイミングを政治家は見逃しません。その写真の中の生き残った三人を連れて、三人を英雄に仕立て上げながら、国内を戦時公債を販売するツアーで回るのです。ラストシーンの字幕に「英雄なんていない」「英雄は作られていく」といった言葉が心に響きます。これが社会派監督クリント・イーストウッドの、この映画の主題ではないでしょうか。いつの時代も、戦争は作られていき、その惨禍に苦しむのは最前線に駆り出される庶民とその家族なのです。
 この映画そのものが日米どちらにも偏らず、冷静に描いていますが、その上に来月上映される「硫黄島からの手紙」と題して、日本軍が全滅した戦いの有様を描いています。どんな問いかけが描かれているのか第二作の上映が待ち遠しい限りです。
 

|

« 乱読のすすめ「悪夢のサイクル」 | トップページ | 「核保有の議論」是非か非か »

コメント

コメントありがとうございます
<雑草さん>
古今東西どこの国でも、声高に戦争やむなしと叫ぶのは上層部(あえて国家といわず)で、戦争の惨禍を受けるのは庶民ですね。
<坂道登さん>
イラク戦争も情報操作が当たり前に行われていましたし、戦争は上層部に都合よく作られていきますね。戦争の現場はただただ悲惨だということを丁寧に伝えています。
<しじみさん>
クリント・イーストウッドは戦争を美化したり、勝ち負けや正義を描くことなく、悲惨な戦闘体験とたまたま旗を立てる場にいただけなのに、生き残った末に英雄に祭り上げられていくギャップ、そして悲惨に死んでいった戦友とのギャップに悩み、崩れていく姿を描いています。
 若い頃ただ活劇としてマカロニウエスタンの主人公としてみていた、クリント・イーストウッドがミリオンダラー・ベィビー、許されざる者、ミスティックリバーなどなど、中身の濃い考えさせてくれる映画を撮っています。今76歳後何作撮ってくれるか楽しみな監督です。
<アントニオさん>
 さすがに早いですね。
 国家とか市場とか抽象化して括ってしまうと見えなくなってしまうと思います。誰が、どんな目的で、5W1Hで具体的に捉えると見えてきますね。アメリカはイラクをはじめ中東諸国の民主化を旗印にしていますが、フセインを支援してイランと戦わせ、邪魔になったら、殺してイラクを壊すのです。イラク戦争はイラクが壊れて内部抗争を始めてくれれば、目的の半ばは達成しています。ラムズフェルドを形の上で更迭しましたが、新兵器も試しましたし、旧兵器の在庫処分もやって、ついに日本にも自衛隊派遣の実績を作ったし、ほぼ満足ではないでしょうか。

投稿: 懐中電灯 | 2006/11/20 22:45

僕も封切り日に見ました。
プロバガンダという使い古された言葉があります。情報統制ですね。国家の戦略に対して都合の良い方向へ国民をもっていく。これは、ある意味必要悪であり、でなければ国家はつぶれてしまいます。湾岸戦争のさい、原油にまみれる鳥をさかんに流しました。その黒幕はさるアメリカの大手広告代理店と聞きました。昨今のイラクの攻撃でもそうです。かの国に一方的にフセインを罰することができるのでしょうか?フセインに死刑判決がでましたが、東京裁判と同じですね。戦勝国黒幕の都合の良い裁判です。たとえば、アメリカのイラク攻撃に対して非戦闘員は何人殺されているのでしょうか?
国家とは、自己正当化せざるを得ない存在のようです。では国家とは何か?国民とは誰なの?そんな事を考えました。
第二作目はどんな視点になるのでしょうか?渡辺謙の演技がひかると良いですね。

投稿: アントニオ | 2006/11/20 22:17

この映画はシリーズですよね。
是非見たいと思っています。
当初は「パールハーバー」の様にアメリカ至上主義の映画かと思っていましたが、そうではなさそうですね。

投稿: しじみ | 2006/11/20 15:49

映画はまだ見ていません、
結局日本の大本営発表と同じとは言いませんが、作られた情報にアメリカ国民もまた踊らされていたのでしょうか?
いかなる美辞麗句を持ってしても戦争を正当化することは出来ない事を訴えた作品でしょうか?
ぜひ、来月上映の「硫黄島からの手紙」と併せて観たいと思っています。

投稿: 坂道登 | 2006/11/20 10:46

現場の兵士、家族の余生がどうなるか上層部はあまり考えていませんよね。短期の利益を見て長期利益が見えていない企業と通じるところがあるかもしれませんね。

投稿: 雑草 | 2006/11/20 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/12734538

この記事へのトラックバック一覧です: 「父親たちの星条旗」を見た:

« 乱読のすすめ「悪夢のサイクル」 | トップページ | 「核保有の議論」是非か非か »