« マネー暴走の時代は「国際分散投資」 | トップページ | 謹賀新年ー命の循環ー »

2006/12/31

「夢」をみる癖ーエコふとんさんー

年末最後のブログには、是非マイミクのエコふとんさんが語った「夢」について書きたいと思ってきました。未来塾でお話をいただいたのですが、冒頭から意表を突く一言でした。
「夢は計画するな!」
「計画するから挫折する!」
「実現しないから夢なんだ!」

 西武の松坂投手も大リーグ入りが決まった折の記者会見で
「僕は夢は見ない、夢は見ても醒めるから」といい
「子供の頃100億円プレイヤーになりたかった」ともいっています。
 100億円プレーヤーが夢だったら、松坂投手はもう今年で人生は終わってしまいますね。やはり100億円プレーヤーは、松坂投手にとって、目標ではあっても夢ではなかったんですね。 
 ビジネス界で売上1,000億円、とか1,000店舗とか具体的に数字を掲げて「夢」といっている方もおられますが、それは「夢」ではなく、「欲」というのではないでしょうか?
 それは単に目標に過ぎなくて夢はその先にあって、自分でも言葉や形にならない、もっと目に見えないものです。その手前に目標があり、目的があるのでしょう。

 エコふとんさんの語った
「夢は計画してはいけない」
「計画するから若者は早々と挫折する」は松坂投手の
「夢は醒めるから見ない」と相通じる視線です。
 もともと経理マン、数字屋で経営計画作りのお手伝いをしたりしてきました。夢、目的、目標、計画など言葉を整理してきたつもりでした。二十年前に書いた拙著「戦略経営の実践」の中で、パソコンを使った経営計画立案をお勧めして、「計画とは夢に日付を入れること」などとわかったつもりで書いたものでしたから、エコふとんさんの一言にすっかり参ってしまいました。一生見続けるものが「夢」なんですね。そうすれば、実現しないからといって、挫折したりしません。挫折しない最良の方法が死ぬまで夢をみることのようです。
 チャップリンの「人生の目的なんかない」もエコふとんさんの「夢は計画でないから自在です。人生の達人の言葉です。

 エコふとんさんのお店の封筒にプリントされた「夢」の詩です。悩める若者にも、来年から定年を迎える団塊の世代にも、我々老中にも明るい未来を予感させてくれます。「夢をみる癖」をつけましょうね。

<エコふとんさんの夢の詩> 
夢は計画でないから自在です
夢は未来に向かっているから永遠です
夢は限りないから無限です
夢は気より発するから純粋です
夢は行動するからエネルギーです
夢は輝いている太陽です
夢は燃えているから愛です
夢は出会いによって芽生え、
   語らいによって膨らみます

<エコふとんさんのブログ>
http://ecofuton.at.webry.info/

< エコふとんさんのお店>
http://www.ecofuton.com/

|

« マネー暴走の時代は「国際分散投資」 | トップページ | 謹賀新年ー命の循環ー »

コメント

コメントありがとうございます
<雑草さん、会長さん>
むしろ苦しい時に乗り越えるエネルギー源になるのではないでしょうか?
欲も大事なエネルギー源です。若いひとはしっかり夢も、欲も膨らませてくださいね。きれいだけでは生き抜くことはできませんからね。しかし第三コーナーを回る頃には、捨てることが必要になってきますね。
 お二人とも経営者ですから、くれぐれも不動明王を目指してください。戦う勇気が大事です。
 

投稿: 懐中電灯 | 2007/01/06 16:12

読んでいると目に涙がうかんできました、、、
まだまだ自分は欲の塊です、
一生見続けるのが夢なんですね。
夢を追い、夢に向かって死んで行けるような
人生を歩みたいと思いました。。。

投稿: 会長 | 2007/01/05 19:20

夢を持ってると毎日楽しく過ごせるように思います。
死ぬまで見ていたいですね。

投稿: 雑草 | 2006/12/31 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/13002800

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢」をみる癖ーエコふとんさんー:

» 夢と目標 [市川稔の米(マイ)情報]
daisukeがメジャーリーグに挑戦する [続きを読む]

受信: 2006/12/31 15:29

» 「ともだちの友達はともだちだ!」 [親松寝具店 -- エコふとんで地球を救う夢を見る]
懐中電灯さんの「ともだちの友達はともだちだ!」ブログで ご紹介いただきました。↓ [続きを読む]

受信: 2007/01/02 22:05

« マネー暴走の時代は「国際分散投資」 | トップページ | 謹賀新年ー命の循環ー »