« 社会保険庁が衣替えで逃げ切り | トップページ | 「現代に甦る陽明学」吉田和男著 »

2007/03/11

桜が咲いた

       <川越中院の桜>
20070311pict0056_1三月十日奥多摩の観梅の帰路、小江戸で人気の観光スポット、川越を散策しました。川越の喜多院(無量寿寺北院)は家康、秀忠、家光に仕えた天海僧正で有名なお寺です。喜多院の桜は蕾が膨らんで早く咲きたいと張り切っていました。無量寿寺中院の山門を見ながら歩いていると、塀の中からほころび始めた桜の大木が見えました。山門をくぐると枝枝は、桜色に染まり始めていました。
 

  <仙波東照宮鐘楼門>
20070310pict0053 1633年(寛永10年)建立と伝えられる鐘楼門が残っています。正面には龍、内面には鷹を浮き彫りした見事な建造物です。徳川家所縁の地川越は歴史の色濃く残る町です。

|

« 社会保険庁が衣替えで逃げ切り | トップページ | 「現代に甦る陽明学」吉田和男著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/14218081

この記事へのトラックバック一覧です: 桜が咲いた:

« 社会保険庁が衣替えで逃げ切り | トップページ | 「現代に甦る陽明学」吉田和男著 »