« 「フレー、フレー○○組」 | トップページ | 桜が咲いた »

2007/03/07

社会保険庁が衣替えで逃げ切り

自分の健康保険証が、政管健保の方は是非クリックして自分で自分や家族の健康保険制度の行く末を確認してください。

「保険者改革、食い逃げ準備は整った」
 (日本医師会総合政策研究機構 主席研究員 前田 由美子)http://www.senkensoi.net/column/index.html

大企業は自社の健康保険組合を持っていて、その組合員も健康で高収入の社員ですから、給料から天引きされている保険料の徴収料率も低く、個人負担の医療費の補助など恵まれています。保険料の徴収も万全、その上マネジメントもしっかりしていますから、健全に維持されています。
 中小企業が加入する政管健保は、保険料を徴収してきた社会保険庁が不祥事続きです。その上蓄積されているはずの保険料は、色々な名目で使われて借金が残っています。本来国が返済するべき借金を、社会保険庁の看板を全国健康保険協会と書き換えて、その借金共々移管して、返済も頬かむりをしてしまおうと考えているようです。
 中小企業の社員の医療費を削り、保険料を引き上げて返済させようという魂胆です。政治家、国家公務員いわゆる為政者がグルになって、庶民から巻き上げる手法は改善されるどころか、エスカレートしてきています。

|

« 「フレー、フレー○○組」 | トップページ | 桜が咲いた »

コメント

コメントありがとうございます
<雑草さん>
「国家公務員と中央政治家」「地方公務員と地方政治家」それぞれワンセットで自分達に都合のよい世界を作ってしまっています。
 庶民が自分の一票の重みに気付かない限り、この生暖かい心地よい地獄から抜けることはできませんね。
<雲水さん>
国民健康保険は、さらに悲惨な情況になります。きっと政管健保と合体して、下へ下へと押し付けて、消費税で回収することを考えているのでしょうね。
<yumenosimaさん>
 今問題になっている赤坂議員宿舎も、国家公務員の高級宿舎とセットになっているんです。一蓮托生なのです。
 常識人では想像もできないことをやる人たちですから恐ろしいですね。しかし昨夜の未来塾での鈴木さんのお話を聞いても、もう日本の医療制度は確実に壊れていっています。

投稿: 懐中電灯 | 2007/03/07 23:27

そのサイトまだ読んでいません。
読みたくないです。
それでなくても胃が傷むのに
勘弁してよ、お役人さん!
それにしても政治家さんは了承してしまいましたね。
天は日本国民を見捨てたり~。

投稿: yumenosima | 2007/03/07 17:35

呆れてものが言えない!
この記事、私も読んで怒り心頭に発していたところです。最近健康保険証を持たない若者を時々見かけます。低所得で保険料が払えないのです。決して不真面目な若者ではなく、頑張っているけど低所得なのです。
役人というのは、役に立つ人の筈ですが、役人を返上して害人と称すべし。
次回の選挙の時に一矢報いたい。

投稿: 雲水 | 2007/03/07 11:16

ふざけた話ですよね。
どうにかできないんですかね?

投稿: 雑草 | 2007/03/07 08:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/14157287

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保険庁が衣替えで逃げ切り:

« 「フレー、フレー○○組」 | トップページ | 桜が咲いた »