« 雪の穂高を歩く(2)雪の殿堂 | トップページ | 雪の穂高を歩く(4)いざ下山 »

2007/05/06

雪の穂高を歩く(3)これぞ北アルプスの眺望

 <涸沢岳から北穂高岳そして槍ヶ岳に続く稜線>
20070430pict0134_3 4月30日夜明け前に外へ出ると、星もまばたいていて、今朝は絶好のご来光が拝めそうです。でも小屋にいてはご来光どころか、槍ヶ岳を中心とする北アルプスの全容を拝むこともできないので、奥穂高岳は無理でも、3、103㍍の涸沢岳に登ることにしました。
 へっぴり腰で、恐る恐る登ったので、ご来光には間に合わなかったのですが、涸沢岳の狭い山頂にたどり着くと、

                                                  <奥穂高岳吊尾根を経て前穂高岳>                          20070430pict0138_3   乙女が恥じらいに頬を赤く染めたように、朝日で微かに赤く染まった、純白の北アルプスの全貌が目に飛び込んできました。
 そうだ!これが見たかったんだ、三十三年前に脳裏に焼きついた大パノラマ、至福の一瞬です。足下の涸沢岳から涸沢槍、北穂高岳へと続く稜線、そして北穂高岳からキレットを下り、登った先には槍ヶ岳、赤く染まっ稜線を何度も目で追い確かめていました。
 興奮が醒めて、先客の三人としばしの会話、ここまで登ってきたのはわずかこの四人、贅沢なひと時、田舎の映画館を独り占めにした、ちょっと侘しい贅沢とは違って、何ものにも譬えようのないスケールの開放感と満足感です。
 しかし今日歩くはずの稜線は、昨日の山小屋の情報どおり、氷と新雪に覆われ、踏み後はまったくありません。確かに今シーズン歩いたひとはいないようです。振り向くと、足下に雪に埋もれた穂高山荘が見えます。奥穂高岳から前穂高岳の稜線も研ぎ澄ました、ナイフのようです。初めてこの稜線を十数名のパーティの一人として、十九歳の夏に歩いたのが穂高に魅せられた第一歩、その懐かしい稜線に向こうから歩いてくる自分が見えるようです。
   <ジャンダルム、西穂高岳、焼岳、乗鞍岳>
20070430pict0153 奥穂高岳山頂から目を右に転ずると、奥穂高岳を守るジャンダルムの険峻な峰に太陽が照り始めています。その背後に西穂高岳、焼岳(北アルプス唯一の活火山)そして乗鞍岳が続いています。
 先客はすでに山荘へ戻っていきました。三十分ほど頂上を堪能し、これから先の目標を断念して下山することにしました。

|

« 雪の穂高を歩く(2)雪の殿堂 | トップページ | 雪の穂高を歩く(4)いざ下山 »

コメント

コメントありがとうございます
<三代目さん>
天候さえ気をつければ、至高の気分を味わえます。
GWの初日に登ったので、人出も少なく快適でした。

<坂道登さん>
以前九州の久住山に登りましたが、伸びやかでとてもいいですね。関東中部の山は九州に比べると、まだ壮年期の山ですね。
 GWの北アルプスそれも涸沢は最も登りやすくて、楽しめる雪山です。なにしろ夜行バスで新宿を出て、翌日午後三時には3,000㍍の頂に立てるんですから。

<雑草さん>
 山歩きをすると、目的と目標に意味がとてもよく分かります。
目標は未達でも、目的は達成できるんです。今回は山小屋三泊の予定でしたが、一泊で戻りました。目的は十分達成できました。目穂は手段と言い換えたほうがいいようです。手段のために目的を犠牲にする愚は誰でもわかります。

<yunenosimaさん>
 前日が真冬並みの荒天で、新雪が積って、遠目には純白の真綿を敷き詰めたようにみえます。

<雲水さん>
整理整頓が大の苦手で、毎回気に入ったもの数枚をA4にプリントして保存しています。一枚は額に入れて部屋に飾ることにしていますが、アルバムは整理が出来ないんです。最近デジタルアルバムで整理を始めました。これはかさばらないしよさそうです。特に孫の写真はデジタルアルバムにして、CDにします。
 


 

投稿: 懐中電灯 | 2007/05/07 22:50

この絶景は表現のしようがない程素晴らしい。若き日に見れば人生が変わっていたかも知れませんね。乙女の恥じらいに似たピンク色の雪は、別世界に舞い込んだ感があり、エロティックでさえあります。
うずうずする興奮を感じます。
懐中電灯さんの山のアルバムは凄いでしょうね。機会があれば是非そちらの方も拝見したいものです。
それにしても羨望で一杯になりました。素晴らしい写真、有り難うございました。

投稿: 雲水 | 2007/05/06 15:44

大自然の雄大さ!
心が洗われる情景をありがとうございます。

投稿: yumenosima | 2007/05/06 11:03

穂高行ってみたいです。景色が綺麗ですね。
でも登山する時大切なのは、状況と自分を考えて目標が目の前にあっても断念することなのかな?とGW中に耳にした滑落事故のニュースを思い出しました。

投稿: 雑草 | 2007/05/06 08:11

この時期でも冬の表情を北アルプスは見せてくれるのですね。

九州では想像も出来ない素晴らしい風景をありがとうございます。

先生の行動力と懐深い日本の四季に感謝しています、登ってみたいですね。

投稿: 坂道登 | 2007/05/06 08:01

絶景ですね。
辿り着いたものだけにもらえる、ご褒美なのでしょうね。
素晴らしい画像をありがとうございます。

投稿: 三代目 | 2007/05/06 07:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/14959342

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の穂高を歩く(3)これぞ北アルプスの眺望:

« 雪の穂高を歩く(2)雪の殿堂 | トップページ | 雪の穂高を歩く(4)いざ下山 »