« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/29

北ア白馬岳から朝日岳へ(11)山歩きの自己責任(1)

      <シロウマアサツキ>20070726pict0263                                  15:00朝日小屋に着き、濡れたものをストーブで乾かしていると、地元中学生150名が続々と小屋に到着します。地元富山県朝日町の中学生の恒例行事が復活したのだそうです。引率の若い先生達もずぶ濡れ泥んこの生徒をねぎらいながら、楽しそうに誘導していました。定員150名の小屋です。予約しない僕は仮設のテントへ案内されました。お陰で、料金は割引ありがたい団体のおでましでした。
翌朝7月26日早朝?3:00小屋の炊事場で朝食をすませて、4:30雨の中を歩き始めました。歩き始めて一時間標高2418㍍朝日岳山頂は、視界はゼロ、日本海から吹きつける雨と風で吹き飛ばされそうになります。休むまもなく、歩き続けますが、それでも東斜面に入ると雨も風も穏やかになります。霧の中に咲いているのが、シロウマアサツキです。葱坊主の花が霧の中に幻想的に揺らいでいます。シロウマアサツキには霧の背景が相応しい。

続きを読む "北ア白馬岳から朝日岳へ(11)山歩きの自己責任(1)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/08/28

2007年参議院選の結果が示すもの

2007年7月26日の参議院選挙から約一ヶ月が経ちました。予想はしていたものの、我々選挙民も、自民党の歴史的大敗というを現実をいまだ十分受け止め切れないようです。マスコミも、自民党の今後、責任政党としての民主党の今後の振る舞い、など様々な解釈を加え報道しています。
 僕もこの参議院選の結果は何を意味しているのだろうと、しばし考えていました。「改革に対する地方の悲鳴」という意見が多いようです。たしかに悲鳴ですが、冷ややかに言ってしまいますが、今回の選挙結果が意味するものは、地方の崩壊の”証し”であって”兆し”ではない、すでに崩壊してしまったのです。まだまだ修正可能と思って、反与党に投票した方々の多くは、過去の様々なストックを食い潰していることで、緩和されている崩壊の過程に気付いていないか、気付きたくないのではないでしょうか。

続きを読む "2007年参議院選の結果が示すもの"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/21

白馬岳から朝日岳へ(10)霧に濡れたサンカヨウ

    <霧に濡れたサンカヨウ>
20070725pict0233_2霧に濡れたサンカヨウのなんとセクシーなことか。昨日の花は純白のウエディングドレスのようでしたが、今日の霧に濡れた花は純白が透き通っています。
 急峻な山道は喘ぎ喘ぎ、呼吸を意識して、必死に歩くので、頭の中は雑念は消えうせ、空っぽになります。起伏のない稜線をのんびり歩いていると、気がつくと頭の中は雑念で一杯になっています。歩きながら様々なことに想いを巡らします。歩きながらふと「何故山を歩くのか?」と考えていました。

続きを読む "白馬岳から朝日岳へ(10)霧に濡れたサンカヨウ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/20

北ア白馬岳から朝日岳へ(9)真夏の水芭蕉

    <イワギキョウ>20070725pict0204                                       雪倉岳2610㍍の頂上は天候さえ恵まれれば、360度の展望が開け、立山連峰、歩いてきた後立山連峰、そして富山湾、能登半島が一望のはずですが、霧に雨が混じる生憎の天候で早々に今日の目的地朝日小屋へ下ることにしました。
 しばらく下ると岩場にイワギキョウが風に揺れています。五輪の花が風に揺れる様は、まるで五人の歌姫が石舞台で、歌っているようです。                                                   

続きを読む "北ア白馬岳から朝日岳へ(9)真夏の水芭蕉"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/08/18

北ア白馬岳から朝日岳へ(8)朝日岳へ

    <オヤマノエンドウ>
20070725pict0192 オヤマノエンドウの紫と緑のコントラストもきれいですね。見惚れて歩いていると、突然雷鳥が四匹の雛を気遣いながら、餌をついばんでいます。

     <雷鳥>20070725pict01942_8

     

続きを読む "北ア白馬岳から朝日岳へ(8)朝日岳へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/16

北ア白馬岳から朝日岳へ(7)雪倉岳へ

     <ハクサンイチゲ>
20070725pict0175 ハクサンイチゲは北アルプスでは、ポピュラーな花ですが、時期に恵まれたのか、若々しく鮮度の高い群落ばかりです。歩くのを忘れそうです。
 チングルマも同じ時期に白い花を咲かせます。花が終わって種を付けた姿が、風に吹かれて回る稚児車に似ているところから、その名前がついたそうです。老中の姿が名前になっているところがいいですね。

  <チングルマの群落>

20070725pict0177_3 今はまだミヤマキンバイと若さを競っています。我々老中の応援花です。見渡す限り一面のお花畑、いい年してと笑われそうですが、ちょっと興奮気味です。

続きを読む "北ア白馬岳から朝日岳へ(7)雪倉岳へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/15

北ア白馬岳から朝日岳へ(6)霧の中の蜂のように

    <タカネシオガマ>   
20070725pict0146 白馬岳から朝日岳への稜線は、白馬の山域では最も花の多いところです。シオガマは、標高が低くなると花と花の間隔が伸びたヨツバノシオガマになりますが、標高2800㍍付近はこのタカネノシオガマが多く見られます。
 

続きを読む "北ア白馬岳から朝日岳へ(6)霧の中の蜂のように"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/08/14

北ア白馬岳から朝日岳へ(5)霧と雨の中の花々

    <三国境(信濃・越中・越後)>
20070725pict0128 前夜は時折霧が月光をさえぎり、月が時折、薄絹を纏っていたので、今日の天候が心配でした。
 それでもかすかな期待を込めて、朝3:00起床、山荘の炊事場で朝食摂り4:00出立しました。山頂のご来光をあきらめ先を急いで頂上を越えて、三国境へ出ます。ここはその名の通り、信濃、越中、越後の境です。

続きを読む "北ア白馬岳から朝日岳へ(5)霧と雨の中の花々"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/08/13

北ア白馬岳から朝日岳へ(4)夕日は富山湾へ

      <日本海へ落ちる夕日>20070724pict0108_7                                    北アルプスの最北端に位置する白馬岳の山頂2932㍍ に立つと、富山湾を行き交う船の長い航跡が見えます。その先に能登半島、もうそこは日本海です。日没19:01分まで一時間、カメラを据えて待つことにしました。残念ながらみるみるうちに雲に覆われ、夕日は雲の中へと消えていってしまいました。
 白馬岳から南へ続く北アルプスの峰々が、五龍、鹿島鑓、針の木岳へと続いています。

続きを読む "北ア白馬岳から朝日岳へ(4)夕日は富山湾へ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/08/10

北ア白馬岳から朝日岳へ(3)花の道

    <ウルップソウとシナノキンバイ>
20070724pict0080 小雪渓をトラバースすると、頂上までの2時間、雪解けの水のほとりに花、花、花の連続です。
 ウルップソウは、すでに盛りを過ぎていましたが、シナノキンバイの黄色い群落の中に、紫の筒状の花が林立しています。

続きを読む "北ア白馬岳から朝日岳へ(3)花の道"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/08/09

北ア白馬岳から朝日岳へ(2)雪渓のシナノキンバイ

   <小雪渓を横断する登山者>
20070724pict0042 大雪渓を登りきるとしばらく岩のごろごろした斜面、葱平にでます。キンポウゲ、ミヤマタンポポ、シナノキンバイと雪渓の縁を黄色の花々が彩っています。
 そして小雪渓のトラバース、今年は雪がたっぷり残っていて、あたかも雪山のような写真になりました。
 小雪渓を過ぎると、山頂までお花畑が続きます。

続きを読む "北ア白馬岳から朝日岳へ(2)雪渓のシナノキンバイ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/08/07

販売者賠償責任を問う(2)中国製品の品質

連日テレビ報道でも中国製品の品質への不安を報じていますが、販売している輸入業者の責任を問う声はあまりありません。ほんの四、五年前までは、消費者もメイドイン・チャイナへの疑いを抱きながら買っていたはずです。「やはりモノはメイドインジャパンだよね」。
 しかし日本人自らが、開発輸入しているから安心とか、大手流通業者が扱っているから安心と、消費者も「なぜ安いのか?」低価格への疑問を封印して、購入してきました。すっかり低価格と引き換えに、安心、安全への心を売り渡していたのです。

続きを読む "販売者賠償責任を問う(2)中国製品の品質"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/06

北ア白馬岳から朝日岳へ(1)大雪渓

    <人気の白馬岳大雪渓>
20070724pici0014_2 2007年7月23日梅雨の明けるのを待ちきれず、新宿発の夜行列車に飛び乗って大糸線白馬駅へ向かいました。とりあえず一日目は天気図の読みが当たって、快晴に恵まれました。
白馬駅から乗客はたった三人路線バスに揺られて一路猿倉へ。6:30大雪渓の縁に立ちました。
 白馬岳の人気はなんといってもこの真夏の大雪渓です。雪の上に赤い目印が頂上に向かって伸びています。まだ歩く人も少なく、雪もしっかりしていて、アイゼンの効きも良く、天空に向かって快適な登りが4時間ほど続きます。

続きを読む "北ア白馬岳から朝日岳へ(1)大雪渓"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »