« 販売者賠償責任を問う | トップページ | 販売者賠償責任を問う(2)中国製品の品質 »

2007/08/06

北ア白馬岳から朝日岳へ(1)大雪渓

    <人気の白馬岳大雪渓>
20070724pici0014_2 2007年7月23日梅雨の明けるのを待ちきれず、新宿発の夜行列車に飛び乗って大糸線白馬駅へ向かいました。とりあえず一日目は天気図の読みが当たって、快晴に恵まれました。
白馬駅から乗客はたった三人路線バスに揺られて一路猿倉へ。6:30大雪渓の縁に立ちました。
 白馬岳の人気はなんといってもこの真夏の大雪渓です。雪の上に赤い目印が頂上に向かって伸びています。まだ歩く人も少なく、雪もしっかりしていて、アイゼンの効きも良く、天空に向かって快適な登りが4時間ほど続きます。

                               <大雪渓の縁のキヌガサソウ>                             20070724pict0008 大雪渓の縁に大輪のキヌガサソウが咲いています。衣笠草の名の通り直径10センチ大輪の花です。今回は花にこだわった山旅、大いに期待できそうです。
     <サンカヨウ>
20070727pict0010 サンカヨウは大きな二枚の葉の上に可憐な花が蕾を開いています。 
                           
                  

|

« 販売者賠償責任を問う | トップページ | 販売者賠償責任を問う(2)中国製品の品質 »

コメント

コメントありがとうございます
過去5~6回登ったうちの最も雪渓の大きいときのものです。雪の解けた縁から春と夏が一気にやってきます
アイゼンは軽アイゼンで十分なのです。土日は大行列ができます。

投稿: 懐中電灯→利根川豊さん | 2011/07/08 13:14

天空につながるみごとなまでの大雪渓!とても惹かれます!んー、アイゼンで大雪渓を踏んでみたいです。

投稿: 利根川豊 | 2011/07/08 12:33

コメントありがとうございます
<平岡淳一郎さん>
自然の花には赤は少ないですね。赤といってもせいぜい赤紫ですね。
カメラがなければ山に行かないでしょうから、しいていえば写真でしょうか?老中登山になって、すっかり写真と温泉ですね。
 お忙しいでしょうが、息抜きに是非ご一緒しましょう。

投稿: 懐中電灯→平岡淳一郎さん | 2007/08/08 09:45

緑と白がとても綺麗です。
これで、赤があれば、イタリアですね(笑)。

先生は、登山がお好きなのでしょうか?
それとも、写真?

もし、過激な登山でなければ、お声をかけて下さい。
自分は、風景写真を撮るのが大好きなものですから…

投稿: 平岡 淳一郎@TGS (21期) | 2007/08/06 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/16010752

この記事へのトラックバック一覧です: 北ア白馬岳から朝日岳へ(1)大雪渓:

« 販売者賠償責任を問う | トップページ | 販売者賠償責任を問う(2)中国製品の品質 »