« 北ア白馬岳から朝日岳へ(7)雪倉岳へ | トップページ | 北ア白馬岳から朝日岳へ(9)真夏の水芭蕉 »

2007/08/18

北ア白馬岳から朝日岳へ(8)朝日岳へ

    <オヤマノエンドウ>
20070725pict0192 オヤマノエンドウの紫と緑のコントラストもきれいですね。見惚れて歩いていると、突然雷鳥が四匹の雛を気遣いながら、餌をついばんでいます。

     <雷鳥>20070725pict01942_8

     

   <キバナコマノツメ>20070725pict0191_2                                       花を見るとタカネスミレと区別がつかないのですが、葉の形状(馬のひずめ)から、コマノツメのようです。花の写真を撮るときには葉や、茎も撮っておかないと後で名前がわからなくて困るのです。いずれにしろスミレ科、スミレ属には違いないのですが。
 水滴を纏ったクルマユリもいいものです。しかしタカネナデシコはすっかり濡れて、見る影もありません。
                                                                       <クルマユリ>20070725pict0206

|

« 北ア白馬岳から朝日岳へ(7)雪倉岳へ | トップページ | 北ア白馬岳から朝日岳へ(9)真夏の水芭蕉 »

コメント

コメントありがとうございます
<三代目さん>
使っていただければうれしいです。是非使ってください。今年は梅雨が長かったし、花を目的に、雨を覚悟で、梅雨明け直前の開花期を狙ったので、花の色、葉の色がとても若々しく、みずみずしく奇麗な花が多かったです。
 

投稿: 懐中電灯→三代目さん | 2007/08/18 16:41

“オヤマノエンドウ”の紫はともて品格がある紫ですね。
この御写真をパソコンのデスクトップの背景にいただいて良いでしょうか?

投稿: 三代目 | 2007/08/18 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/16144051

この記事へのトラックバック一覧です: 北ア白馬岳から朝日岳へ(8)朝日岳へ:

« 北ア白馬岳から朝日岳へ(7)雪倉岳へ | トップページ | 北ア白馬岳から朝日岳へ(9)真夏の水芭蕉 »