« 販売者賠償責任を問う(2)中国製品の品質 | トップページ | 北ア白馬岳から朝日岳へ(3)花の道 »

2007/08/09

北ア白馬岳から朝日岳へ(2)雪渓のシナノキンバイ

   <小雪渓を横断する登山者>
20070724pict0042 大雪渓を登りきるとしばらく岩のごろごろした斜面、葱平にでます。キンポウゲ、ミヤマタンポポ、シナノキンバイと雪渓の縁を黄色の花々が彩っています。
 そして小雪渓のトラバース、今年は雪がたっぷり残っていて、あたかも雪山のような写真になりました。
 小雪渓を過ぎると、山頂までお花畑が続きます。

                            <雪渓のシナノキンバイ>                     20070724pict0047_3                                           高山の花は色や形に見惚れていると、同じ花、同属の花に見えるものも、葉の形がまったく違う花があります。葉の形を観察するのがこつのようです。
 雪渓を彩るシナノキンバイ、キンポウゲも夏山にはなくてはならない華やかな花々です。
 20070724pict0027_3  <キンポウゲ> 

                        

|

« 販売者賠償責任を問う(2)中国製品の品質 | トップページ | 北ア白馬岳から朝日岳へ(3)花の道 »

コメント

追体験をし、楽しませて頂きました。
残雪を踏むアイゼンの音、山頂に続くキンポウゲ、シナノキンバイ等綺麗な情景が浮かんできます。

自然は良いですね。理屈抜きに良いというか、むしろ人間が言い立てるゴチャゴチャした理屈がないから良いというのが正しい気がします。それに都会の喧噪と埃を全く忘れさせる葉の新鮮な緑色、そこに雪があるから尚更良いですね。九州育ちの私にはこの様な銀世界は夢心地を実現させてくれます。

銀世界へ足を踏み入れる、いつか思い立ちたいと思いました。
有り難うございました。

投稿: 雲水 | 2007/08/09 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/16033818

この記事へのトラックバック一覧です: 北ア白馬岳から朝日岳へ(2)雪渓のシナノキンバイ:

« 販売者賠償責任を問う(2)中国製品の品質 | トップページ | 北ア白馬岳から朝日岳へ(3)花の道 »