« 北ア白馬岳から朝日岳へ(3)花の道 | トップページ | 北ア白馬岳から朝日岳へ(5)霧と雨の中の花々 »

2007/08/13

北ア白馬岳から朝日岳へ(4)夕日は富山湾へ

      <日本海へ落ちる夕日>20070724pict0108_7                                    北アルプスの最北端に位置する白馬岳の山頂2932㍍ に立つと、富山湾を行き交う船の長い航跡が見えます。その先に能登半島、もうそこは日本海です。日没19:01分まで一時間、カメラを据えて待つことにしました。残念ながらみるみるうちに雲に覆われ、夕日は雲の中へと消えていってしまいました。
 白馬岳から南へ続く北アルプスの峰々が、五龍、鹿島鑓、針の木岳へと続いています。

                      <白馬岳から眺める立山連峰右に主峰剣岳>20070724pict0083   
その先は槍ヶ岳です。峰々の西斜面は黒部渓谷へと切れ落ち、せり上がった山脈が剣岳から立山、薬師岳、黒部五郎を経て、その先は槍ヶ岳です。
 過去自分が歩いてきた足跡、山々の連なりを遠望するのは、 いかにも自己中的な満足ですが、なんともいえない満足感があります。
 <山の夜、安らぎのひと時>
20070724pict01172 

 標高三千メートルの山荘はお風呂こそありませんが、レストランもあり静かなひと時を過ごすことができます。切れ切れに流れる霧の中に輝く月が窓ガラス越しに見えています。ポケットにねじこんできた文庫本、岩井克之著「資本主義を語る」を生ビールを片手に持参したピーナッツ、しばし読み耽っていました。時折月光が霧に揺れながら流れてきます。そこはかとない贅沢な時間が過ぎていきます。

|

« 北ア白馬岳から朝日岳へ(3)花の道 | トップページ | 北ア白馬岳から朝日岳へ(5)霧と雨の中の花々 »

コメント

コメントありがとうございます
<barbieさん>
シーズン最盛期の土日は混雑しますが、それでも昔のように奴隷船に押し込められた状態にはならないようです。老中になって、平日をうまく使えば気軽に快適な山歩きができます。今は下山すると日帰り温泉がありますから、バスを待つ間汗を流して、さっぱり帰宅できるのも有難いです。白馬岳山荘には個室まで出来ていますから、びっくりです。
<坂道登さん>
僕が登ったのが後立山連峰(富山側から見て)を歩きましたから黒部峡谷を隔てた隣を歩かれたのですね。雪が多くていいときに歩かれたので、きっととりこになりますよ。
<雲水さん>
 まったく仰るとおり、危ないところもあったなあ、あそこの水はうまかったなあ、無事にここまでこれたことを喜びながら、少しだけ、今まで歩いたことのない山域へ足を踏み入れていきます。今回も四日中の三日は、過去に歩いたことのない山域でした。
 岩井克之さんの著書で、長年の霧がすっきり晴れて、遠山がくっきり見えてきました。

投稿: 懐中電灯 | 2007/08/14 09:33

こんにちは、雲水です。

日本海に落ちる夕日、素晴らしい写真ですね。我がパソコンの背景写真がまるで日替わりです。
登頂時、足跡を眺めるのは仰る通り満足感がありますね。きつかったけれど、よく登ってきたものだ!会社を定年退職した時の振返り・・・いやはや失礼しました。
山の夜の安らぎの一時、随分難しい本を手にしておられますね。私にはよき睡眠薬になりそうな本のようです。でも、静かな空間、贅沢な男の時間を想像しました。
有り難うございました。

投稿: 雲水 | 2007/08/13 12:14

いつも素晴らしい写真ありがとうございます。
私も50を前にして入門コースの立山で一日だけですが、北アルプスデビューを果たしました。
素晴らしい景色で大感激しました、そしてさらに多くの山々に登りたい、いや今から登っていこうと早くも次の山行に思いを馳せながらの帰宅となりました。

投稿: 坂道登 | 2007/08/13 10:17

>標高三千メートルの山荘はお風呂こそありませんが、レストランもあり静かなひと時を過ごすことができます。

そうですか! もう随分御無沙汰していますが・・・
昔の山小屋と言えば、足の踏み場も無い位詰め込まれて、寝返りもうてないのが相場でしたが・・・

ゆったりとした山行が出来るようになっているんですねぇ・・・

でも、ホントに山小屋の営業が心配になりますねぇ・・・

懐かしい風景を有難うございます。

投稿: barbie | 2007/08/13 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/16084461

この記事へのトラックバック一覧です: 北ア白馬岳から朝日岳へ(4)夕日は富山湾へ:

« 北ア白馬岳から朝日岳へ(3)花の道 | トップページ | 北ア白馬岳から朝日岳へ(5)霧と雨の中の花々 »