« 北ア白馬岳から朝日岳へ(4)夕日は富山湾へ | トップページ | 北ア白馬岳から朝日岳へ(6)霧の中の蜂のように »

2007/08/14

北ア白馬岳から朝日岳へ(5)霧と雨の中の花々

    <三国境(信濃・越中・越後)>
20070725pict0128 前夜は時折霧が月光をさえぎり、月が時折、薄絹を纏っていたので、今日の天候が心配でした。
 それでもかすかな期待を込めて、朝3:00起床、山荘の炊事場で朝食摂り4:00出立しました。山頂のご来光をあきらめ先を急いで頂上を越えて、三国境へ出ます。ここはその名の通り、信濃、越中、越後の境です。

                         <這い松の中のハクサンシャクナゲ>20070725pict0131
右へ続く尾根筋は歩けば越後側、白馬大池を経て栂池へ下り、その日のうちに帰宅できます。左の尾根を歩けば越中側、朝日岳への尾根道です。
 歩く人も少ない静かな山道を花を愛でながら歩きます。今回のルートは、信濃側から入山して越中、越後と三国の山域を歩くことになります。越中側に入るとすぐに、緑の濃い這い松の中に純白のシャクナゲが咲いています。今日一日数多くの花々が期待できそうです。
 瓦礫の続く道を歩いていると、コマクサが転々と岩にへばり付いて咲いています。
         <コマクサ>
20070725pict0160コマクサは、土のほとんどない瓦礫の山肌を好んで咲いているのが不思議です。付近はコマクサ以外は見当たらないのです。コマクサの花は、パリッと音がしそうな瑞々しさ、今最盛期です。

 

|

« 北ア白馬岳から朝日岳へ(4)夕日は富山湾へ | トップページ | 北ア白馬岳から朝日岳へ(6)霧の中の蜂のように »

コメント

コメントありがとうございます
<雲水さん>
ハクサンシャクナゲは純白のものと、幾分ピンク色のものとがありますね。コマクサは中部山岳地帯から八ヶ岳、蔵王など東北の高山に見られます。
 坂道登さんも今夏立山連峰で北アルプスの禁断の魅力を知ってしまったようですよ。

投稿: 懐中電灯→雲水さん | 2007/08/16 08:28

三国境(信濃・越中・越後)の写真は素晴らしいですね。
白いシャクナゲは見た事がないと思います。やはり高山植物は高嶺の花と言う名に値しますね。コマクサというのも初めてお目にかかりました。羨ましい限りです。

投稿: 雲水 | 2007/08/15 15:17

コメントありがとうございます
<坂道登さん>
シャクナゲは標高の高い北アルプスでは、梅雨明けの頃に開花しています。奥秩父では6月上旬です。コマクサは葉の緑がこんもり盛り上がり、そこから伸びた茎の先にピンクの花が開いています。今年は時期も当たりでした。
<三代目さん>
ありがとうございます。山の紀行は、いつも書きながら、自己中で皆さんにはどうかなあ?と思いながら書いているんです。三代目さんのようにコメントしていただくと、有難く、うれしくなります。

投稿: 懐中電灯→坂道登さん、三代目さん | 2007/08/15 01:09

こうして、御写真を拝見させていただくだけで、とても贅沢な気持ちになります。
ありがとうございます。

投稿: 三代目 | 2007/08/14 17:04

シャクナゲが夏に見られるのは素晴らしいですね、標高が高いからでしょうか、それとも品種による開花期の違いでしょうか。

コマクサは「高山植物の女王」の呼び名にふさわしい可憐さですね、一度この目で見てシャッターを切ってみたいと思っています。

白馬岳周辺は花の天国で素晴らしいです。

投稿: 坂道登 | 2007/08/14 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/16086826

この記事へのトラックバック一覧です: 北ア白馬岳から朝日岳へ(5)霧と雨の中の花々:

« 北ア白馬岳から朝日岳へ(4)夕日は富山湾へ | トップページ | 北ア白馬岳から朝日岳へ(6)霧の中の蜂のように »