« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/25

映画「マリアのへそ」を観て!

051_2

未来塾のメンバーで、マイミクの<candleさん>の奨めで映画「マリアのヘソ」を観ました。フィリピンのストリートファミリーの生き様をストレートに扱ったドキュメンタリータッチの映画です。主役のマリアはじめ、ストリートファミリーを演じる皆さんも現実のストリートチルドレンです。
 テーマは屋根のあるスラムの家にさえ住めないで、歩道で寝起きする極貧のストリートファミリーの生活を描いた映画ですが、政治が悪い、資本主義が悪いといった社会派の映画ではないのです。
 野澤和之監督(脚本)のカメラ目線は、ストリートチルドレンが市場で野菜を拾い、リンゴを盗み、物乞いをしながら、必死に命をつないでいるにも拘わらず、時折見せる率直に明るい笑顔に注がれています。
映画「マリアのヘソ」
http://marias-navel.com/
上映映画館
http://www.uplink.co.jp/info/map.html                

続きを読む "映画「マリアのへそ」を観て!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/02/23

金色の兼六園

      <唐崎松の雪吊り>
20080210dsc006261  8日の午後和倉温泉で仕事を済ませて、翌日から能登半島を一回り、雪の能登、凍る絶壁など想像して、写真を撮ろうと思ったのですが、やはり温暖化の影響で、近年能登半島も積雪のない冬を過ごしているようです。




                           <雁行橋を前景に七福神山>                     20080210dsc00640              
 生活している方には、雪の無い冬のほうがありがたいでしょうね。
  千枚田では、年回りの似た老中達が悔しそうな顔をして、カメラと三脚を持ってうろうろしています。中には今年で、三年空振りと嘆いているマニアもいました。
 のんびり暖かい能登を楽しみ10日夕刻金沢に戻りました。運良くライトアップの最終日、このために今夜も夜行バスにしておいたのです。

雪吊りの金色の松も語り部か
百万石の想いを今に
2008年2月10日
  兼六園のライトアップ -雛鳳-

          

続きを読む "金色の兼六園"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/18

墨絵の兼六園

     <墨絵の兼六園-瓢池>
20080208dsc00363_2
2月7日 仕事を終えて品川駅南口から夜行バスに乗り金沢へ向かいました。途中から雪になりましたが、バスは黙々と走り続けます。                    

 
                                           
                                                                                <蝋梅と船之御亭>
                                       

20080208dsc00395心配するまでもなく、予定より30分も 早く7時に金沢駅に着iいてしまいました。
 公衆トイレで顔を洗い、朝食を済ませ、タクシーを駆って、8時開園の名庭園兼六園へ向かう。門前で雪掻きをしている老中とおぼしき管理人さんから、「一番乗りですよ。運がいいですね。昨日まで雪はなかったんですから」と声をかけられました。「しめた、夜行バスを使った目的はここで達成だ!」と思った一瞬でした。
 11:20分和倉温泉行きのJR特急まで3時間の散策、兼六園は過去にも何度か訪れていますが、今日の目的、雪の兼六園は初めてです。

続きを読む "墨絵の兼六園"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/16

新聞報道「農林水産物輸出好調保つ」

 <日経新聞朝刊>
20080201nm050_2  日本経済新聞の2月1日の『農林水産物輸出好調保つ」の記事には、明るい兆しのようなものをを感じました。農業に従事する方々が、この明るい兆しをいかに解釈して、変化に結びつけ、自分の未来を明るくしていくかが問題です。
 農林水産物の輸出は16%増、過去三年二ケタの伸びを示しています。輸出先の第一位は香港、アジア地域の富裕層向けに輸出が伸びています。
 総額4、300億円、リンゴだけで約80億円、梨など果実が伸びているようです。日本の農業にも活路がありますね。
 しかし記事はこう結んでいます。「輸出が好調なものは富裕層向けの高級品が中心。『日本の農産物が海外で大衆化するためには価格競争力の強化が必要だ』・・・・・・・・人口減で縮む内需頼みから脱却するためにも、農業の大規模化による生産性の向上が必要になる」と。
   

続きを読む "新聞報道「農林水産物輸出好調保つ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/15

雪のやんだ庭の一才柚子

      <庭の一才柚子> Dsc00327_4                                   雪がやんだ翌朝、摘み残した柚子が朝日に輝いて鳥を招いています。
 毎年我が家の一本の一才柚子が沢山の実を付けてくれます。毎年十二月に収穫して三月まで、毎日柚子湯を楽しみ柚子ジャム、柚子蜂蜜を楽しむことができます。ささやかな贅沢です。
 

続きを読む "雪のやんだ庭の一才柚子"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »