« 映画「明日への遺言」が日本人に問いかけるもの | トップページ | 三毳山のカタクリの今年 »

2008/03/24

庭の花々

         <庭のカタクリ>                                        
20080322dsc00965
春は花の季節、庭のカタクリが花を開きました。今年は三株のうち二株が 咲いています。カタクリは早春に雑木林の木々が葉をつけないうちに落ち葉の中から、芽を出し、二枚の葉を出して、真っ先に木洩れ日を浴びて、花を咲かせて木々の枝に葉が茂り陽光が地面まで届かなくなると、そそくさと葉を落として、翌年まで、土の中に眠ってしまいます。きっと棲み分けをしているのでしょう。

                                 <雪割り草>                        20080322dsc00973_2 同じ頃福寿草の黄色が咲き終わり、代わって、紫、白、赤と花弁は小さいのですが、たくさんの花をつける可憐な花、雪割草が咲き始めます。花は木漏れ日の光で様々な彩りをみせてくれます。

  



   <サンシュユ>

20080323dsc01016_2 サンシュユは春に、鎌倉のお寺の境内で見かける花です。昨年小さいものを一本植えました。我が家では、今年初めて、咲いた花です。

 

 

                           

                              

                                 <水仙>                   20080322dsc00985 水仙も種類の多い花です。庭にも6種類の花が次々と咲きはじめています。切り取って、一輪挿しに挿して机に飾ったり楽しめる花です。チュリップと違って、毎年球根を植える必要がないことです。一度植えれば、毎年増えていきます。無精者には放置しても、毎年楽しめる宿根草、多年草はありがたい植物です。




                                                

|

« 映画「明日への遺言」が日本人に問いかけるもの | トップページ | 三毳山のカタクリの今年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/40608192

この記事へのトラックバック一覧です: 庭の花々:

« 映画「明日への遺言」が日本人に問いかけるもの | トップページ | 三毳山のカタクリの今年 »