« 夏の吉野山散策 | トップページ | 北アルプスの深奥部雲ノ平へ(2)五色ケ原 »

2008/07/31

北アルプスの深奥部雲ノ平へ(1)室堂から五色ケ原へ

                   <浄土山のオコジョ>
20080723p1010047_32008年7月22日22:30分立山室堂を目指して新宿発の夜行バスの乗り込みました。いつもはほぼ満員の山行夜行バスが、その夜の乗客は、なんとたったの4名でした。乗務員が二人、この燃料高のご時世に、申し訳ない気分ですが、足を伸ばして熟睡して、翌朝7:00霧の中の室堂に着きました。

                                 <雪渓のトラバース>                       20080723p1010054_2 例年にない残雪ですが、観光客の数も例年になく少なくびっくり、なんでもサブプライム不況にこじつけたくなりますが、下世話のことは忘れて、これから4泊5日で室堂から北アルプスの深奥部、雲の平を逍遥することにしました。
 山道が残雪に、塞がれて切れ切れになり、取り付くの苦労しましたが、前後を歩く人も無く、無言の静かな山道を登っていきます。
 浄土山への斜面で前方に小さな生き物がこちらをじっと見ています。話には聞いていますが、出会うのは初めて、体長20cmほどのオコジョです。ザックを降ろし、じっと座って見合っていると、飛び跳ねて眼の前から消えたかと思うと、後ろに回ってまた姿を現します。素早いので、カメラで姿を捉えるのに苦労しました。
   <ハクサンフウロ>
20080723p1010106  異常に残る残雪に驚きながら、内心用意した軽アイゼンを使う場面もあるかと期待半分でしたが、今夜お世話になる五色ケ原山荘のスタッフ三人が、スコップで雪渓をトラバースする道をつけてくれていました。これで安全に雪渓をトラバースすることができます。

|

« 夏の吉野山散策 | トップページ | 北アルプスの深奥部雲ノ平へ(2)五色ケ原 »

コメント

コメントありがとうございます
<しじみさん>
オコジョは動きがめまぐるしく5,6回シャッターを切りました。初顔合わせで何とか一枚撮れました。
 風露草と漢字にしたほうが、風情がありますね。露に濡れて、風に揺れている風情はまさに、風露草です。  

投稿: 懐中電灯→しじみさんへ | 2008/08/01 23:14

「おこじょ」の写真は難しかったでしょう。
動きが速いし、なかなかお目にかかれませんからねぇ。
素晴らしいナイスショットでした。
「ハクサンフウロウ」もすごくきれいな花ですね。
こちらに多いのは「チシマフウロウ」です。

投稿: しじみ | 2008/08/01 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/42008135

この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプスの深奥部雲ノ平へ(1)室堂から五色ケ原へ:

« 夏の吉野山散策 | トップページ | 北アルプスの深奥部雲ノ平へ(2)五色ケ原 »