« もう虚しい!!いっそ財政再建なんてやめましょう(1)日本人の次代のために | トップページ | 「法律に違反しているわけではない」という発言に思う »

2008/09/28

もう虚しい!!いっそ財政再建なんてやめましょう(2)ロックフェラーセンターの二の舞に?

  日経新聞の9月23日の朝刊トップ記事は「三菱UFJモルガンに20%出資」でした。三菱UFJファイナンスグループ(銀行)がサブプライムバブルで死に体のモルガンスタンレー(証券会社)に9000億円を投じて筆頭株主になるという記事です。みずほコーポレート銀行も、メルリリンチ(証券会社)に出資をすると報じています。
 銀行は経済生活の血液供給する役割、証券会社は企業の直接金融を媒介する役割、似て非なるものを同じ金融部門という分類をするから、おかしな意思決定になるのではないでしょうか。
 例え役割論を別にしても、アメリカでは銀行持ち株会社の傘下にこの証券二社をぶら下げると報じています。銀行持ち株会社の上にはFRBが存在します。その傘下の銀行持ち株会社の傘下(孫会社)の筆頭株主になることに、経営的になんの意味があるのか、凡人の僕には理解を超えています。

 その当の孫会社の損失は現在のところ、どこまで広がるかわからないのです。まして孫会社を上手に整理する権限を持っているのは、上位に位置する銀行持ち株会社であって、筆頭株主ではないのです。日本を代表し、日本の経済の根幹である超大銀行、しかもその超大銀行をバブル崩壊の地獄から救い出したのは、庶民の税金、超低利の預金金利です。立ち直って間も無く、十分税金も払わず、借りも返していないのです。 
 そのお金を、今再び無間地獄に注ぎ込む歴史的瞬間に立ち会っている、無縁にして無力な自分をシニカルに笑うしかありません。ロックフェラーセンター買収で、大きな損失を出した二の舞にならないことを願うばかりです。
 やって見なければわからない、成功するかもしれないという論議もありますが、それぞれの社会的立場、社会的役割の中で、成功しようが失敗しようが、やっていいことと、悪いことがあるのではないかと思います。それを分けることができるかどうか、それが品格だと思うのです。    
  近年、世の中のリーダー層にまで「失敗したら社会のせい(税金頼み)、うまくいったら自分の力」が広がっているのは悲しいことです。

 同日の隣の記事は野村ホールディング(証券会社)が、リーマンブラザーズ(証券会社)の日本、アジア、インドなど事業を買収すると報じています。これは同じ証券分野の人材を買収し傘下に収めて、野村ブランドで、地域に進出するのですから、三菱UFJやみずほコーポレートがサブプライムで生じたアメリカのブラックホールに、吸い込まれていくのとは質的に違った経営行動に見えます。たとえ結果として失敗したとしても。  

|

« もう虚しい!!いっそ財政再建なんてやめましょう(1)日本人の次代のために | トップページ | 「法律に違反しているわけではない」という発言に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/42608732

この記事へのトラックバック一覧です: もう虚しい!!いっそ財政再建なんてやめましょう(2)ロックフェラーセンターの二の舞に?:

« もう虚しい!!いっそ財政再建なんてやめましょう(1)日本人の次代のために | トップページ | 「法律に違反しているわけではない」という発言に思う »