« 八方尾根から唐松岳へ(2) | トップページ | 映画「グラン・トリノ」を観て(1)責任の取り方 »

2009/05/14

「鳩山民主党VS岡田民主党の違い」はどこに?

民主党の党首選挙が行なわれます。鳩山民主党か、岡田民主党かどちらが選ばれるのか選挙民は見守るしかありませんが、「餅は貧乏人の子に・・・」を忘れないでください。
 両者の政策に違いはない、あるのはダーティな小沢の影がちらつく鳩山と、クリーンなイメージの岡田かという声もあります。ダーティは既知のこと、クリーンはイメージ(些細)な範囲です。人類は創生から政治権力がクリーンであったことはありません。大自然の法則弱肉強食(食物連鎖)の下でさえ、シマウマを襲うときはライオンは風下から近づきます。

 鳩山民主党と岡田民主党の違いはとても大きいと僕は思います。生活者という目線で見れば違いは、はっきりしています。”消費税への対応”です。
 「たとえ赤字国債を発行しても消費税引き上げは議論さえしてはいけない」という鳩山民主党、「福祉目的税なら消費税やむなし」という岡田民主党の違いです。若手議員に支持が多いという、岡田民主党の若さ「是々非々」が透けて見えています。若さではなく風下へ回る狡猾さなのでしょうか。
 追加経済対策14兆円だって赤字国債(未来の税金)となんら変わりません。中味は高速道路使用料1,000円の裏は民営化したはずの道路会社に差額を税金で補填し、その上ETCを管理する天下り特殊法人の利権が増える、凍結したはずの高速道路工事が再開されています。
 近々おこなわれるであろう衆議院選挙で現与党を再認したら、「信任された」旗印の下一気に消費税引き上げに動くことでしょう。歳出に手をつけずに。岡田民主党になって民主党が政権を取っても「福祉目的税なら」の旗印の下、庶民への小さなお土産と交換に、悲願の消費税引き上げに動くのではないでしょうか。
 確か義務教育で国の財政は”出るを計って、入るを制す”、家計は”入るを計って出を制す”と教えられたはずです。折角、権力が義務教育で教えてくれたのですから、弱者は自分に都合の良いことは忘れないようにしたいものです。

|

« 八方尾根から唐松岳へ(2) | トップページ | 映画「グラン・トリノ」を観て(1)責任の取り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/45017685

この記事へのトラックバック一覧です: 「鳩山民主党VS岡田民主党の違い」はどこに?:

« 八方尾根から唐松岳へ(2) | トップページ | 映画「グラン・トリノ」を観て(1)責任の取り方 »