« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/27

晩秋の甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳を歩く(3)

<小仙丈ケ岳からの富士山>
20091018dsc00916b 19日今朝は昨日より1時間遅く5:30分長衛荘を出発しました。登ること2.5時間標高2,855㍍小仙丈ケ岳につきました。北岳と並んで富士山のシルエットが奇麗です。
日本一とニ位の高峰です。仙丈岳へ続く道はなだらかでいつもなら鼻歌の一つもでるところですが、新雪が凍り付いて滑るので、油断ができません。

<小仙丈ケ岳から仙丈ケ岳へ>                     20091019dsc00929b 頂上近くは足を滑らすとカールの下に立っている仙丈小屋まで滑り落ちてきそうです。
 青い空に、白雲は強風に筋を引いて美しく大河の水の如く流れています。

続きを読む "晩秋の甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳を歩く(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/26

晩秋の甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳を歩く(2)

   <甲斐駒ケ岳山頂からの富士山>
20091018dsc00802b 8:30分標高2,967㍍甲斐駒ケ岳山頂に到着、北、中央、南アルプスから八ヶ岳連峰、奥秩父の山並み、360度の大展望、天気のよい晩秋の山頂は登山者も少なく下山するのが惜しくて、のんびり湯を沸かし、一時間かけて遅い朝飯を食べることにしました。
 
 

                          <甲斐駒山頂から八ヶ岳連峰>                      20091018dsc00804b_2   
                             甲斐駒ケ岳に瘤のように出張った摩利支天の頭の向こうに鳳凰三山、その向こうに霊峰富士の山です。
 中央線の走る谷地を隔てて、八ヶ岳、蓼科、霧ケ峰美ヶ原と高原が連なっています。標高差は100㍍足らずですが、谷地を隔てた八ヶ岳は、まだ雪は積もっていないようです。

続きを読む "晩秋の甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳を歩く(2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/10/22

晩秋の甲斐駒ケ岳仙丈ケ岳を歩く(1)

    <黎明の甲斐駒ケ岳>
20091018dsc00752b 2009年10月17日から20日の予定で、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳を登ることにしました。初日は中央線甲府駅からバスに揺られて2時間、まずは南アルプス北岳の登山口広河原へ到着、そこから南アスーパー林道を村営のマイクロバスでさらに30分紅葉の野呂川の谷を登っていきます。南アスーパー林道は建設当時、自然破壊の象徴として問題になった公共工事、今日も崖の崩落の修復工事が行なわれています。                           <南アルプス仙丈ケ岳>                        20091018dsc00759b                                           
 村営バスの運行、果てしない崖崩れの修復と地元の雇用の創出には役に立っているようです。自動販売機もないバス停、風景は40年前とあまり変わっていませんが、長谷村は今は南アルプス市となり村営バスという名も今は市営になりました。 ベテランの登山者のみ登ることが可能だった甲斐駒ケ岳、仙丈岳もスーパー林道のお蔭で、昔のコマーシャル「一粒で二度美味しい」 のキャラメルのように、一度で、百名山をニ峰制覇できる人気のスポットになっています。             

続きを読む "晩秋の甲斐駒ケ岳仙丈ケ岳を歩く(1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »