« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/23

戦国上杉「義と愛」のその後

大河ドラマ「天地人」が終りました。NHKの大河ドラマは日曜日の夜八時のお茶の間へ向けたドラマでした。お茶の間がリビングルームと言われるようになって、大河ドラマもテーマは歴史上の物語でも、描き方はホームドラマになっています。若い小椋旬や妻夫木聡が熱演する髭の顔も少し滑稽でもあり、微笑ましくもあります。ラストシーンで兼続が広縁で日向ぼっこをしながら眠るように冥土へいく姿、肩にそっと手を添えて見守る糟糠の妻の姿は、昔の勇ましい大河ドラマとは終り方も違ってきています。老中の己のあらまほしき冥土入りが重なって見えます。
 関が原の合戦に参陣することも出来ず、無傷のまま家康に敗れた会津上杉は120万石を米沢30万石に減封されてしまいました。その折家臣団をリストラすることも自己都合の退職もなく、米沢へ移ったことは上杉家の結束「義と愛」の象徴の美談として伝わっています。  

続きを読む "戦国上杉「義と愛」のその後"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/11

残秋の平林寺

   <平林寺残秋>
20091206dsc00997b 小春日和の12月6日武蔵野の面影が残る平林寺に残りの秋を探しに出かけました。臨済宗妙心寺派の名刹で江戸時代は川越藩の厚い保護を受け栄えたお寺で、広い寺域に武蔵野が残っています。梢に一葉の楓の葉が残っていました。秋の紅葉は虫の喰った穴も紋様に見えます。
 

続きを読む "残秋の平林寺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »