« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/23

今読む「善の研究」西田幾多郎著

書名 「善の研究」-全注釈 小坂国継-

著者  西田幾多郎

出版社 講談社学術文庫 

 日本では哲学というと、西欧哲学の研究が最大の関心事です。明治維新で和魂漢才から和魂洋才に切り替えて以来、今日まで続いています。この「善の研究」はその明治時代がまさに終る明治44年に出版されています。

西田幾多郎が自身の禅の修行を通して直覚した“何か”を、カント、ヘーゲルといった西欧哲学をも紐解きながら、西欧の哲学ではなく、日本人の心の奥深くに潜んでいた(今失いつつある)もの、直覚した“何か”を、言葉を駆使して日本人の哲学として論じ明らかにしてくれています。日本人による、日本の哲学を象徴する一冊です。西田哲学の探求者小坂国継教授の懇切丁寧な解説が、難解な西田哲学をとても読み易く読者の理解を深めてくれます。

1980年代後半、日本はジャパン・アズ・ナンバーワンの掛け声に万能感に陥りバブルに沸騰しました。バブル崩壊からすでに20年、今もその万能感から解き放たれることはなく、多くの政治家、多くの経済人そして多くの評論家達も、方向感を見失っているようにみえます。先日老中仲間の集まりでも、日本の現状を憂いて、「日本人には宗教心がない」と嘆いている方がいました。いつもKYな僕は「本当に無いのでしょうか?」「胸に手を当てて考えてみてはいかがでしょう」とあわや、口をついて出そうになりました。もしお酒が入っていたら、口が滑ったのではないかとヒヤッとしました。

続きを読む "今読む「善の研究」西田幾多郎著"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「マリアのへそ」がDVDになった!!

       <映画「マリアのへそ」DVD発売案内>
Photo

2008年2月に当ブログでご紹介した映画「マリアのへそ」がやっとDVDになり、発売にこぎつけました。5月15日発売です。
 日本では今孤独な、無縁社会が静かに広がっていると、NHKテレビドキュメンタリーで何度か取り上げています。
 この映画はフィリピンのマニラ市内に住むストリートチルドレンの家族愛の物語です。主人公マリアの心に残るせりふがあります。マーケットから盗んできた小さなリンゴを長男は「家族だからな、平等に」と4つに分けるのです。父親は自分の分を、末娘のマリアにあげますが、マリアは「家族だからな、平等に」と長兄の口真似をしながら、3つに刻むのです。この映画が、無縁社会の広がりを止める一助になることを祈りつつ。
相田みつをの言葉にありました。
「奪い合えば足らぬ、分け合えばあまる」

<詳細は下記ブログへ>
<映画「マリアのへそ」を観て>
http://net-ksk.cocolog-nifty.com/keiei/2008/02/post_f063.html

続きを読む "映画「マリアのへそ」がDVDになった!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/11

雪の北八ヶ岳(2)沢音には確かな春の兆しが

     <本沢温泉の朝>                                        20100329dsc00399b 3月29日朝昨夜来の雪も止み標高2,100㍍の山小屋の周囲は新雪が朝日輝いています。しかし上空は雪雲、数日降り続いた雪で山道はトレースもないので、今回目標にした天狗岳の頂上を諦め、

                              

    <樹氷>                 20100329dsc00416b_2 新雪の雪を楽しみながら下山することにしました。昨日歩いてきた踏み後も昨日から降り続いた雪に埋もれて、時折、道を見失ったりしますが、肝心なところは目印があって、案ずるほどではないのです。林の奥からモンスターがノッシノッシと足音を響かせながら歩いてくるような姿で現れます。雨氷とは違った水の造形美です。

続きを読む "雪の北八ヶ岳(2)沢音には確かな春の兆しが"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/07

雪の北八ヶ岳(1)標高日本一の露天風呂

    <雪の世界へ>
20100328dsc003662b 3月28日~29日大学院の縁者二人と、北八ヶ岳日本最高所の温泉「本沢温泉」を目指しました。小海線の松原湖駅に予約したタクシーに乗り30分登山口稲子湯に到着、唐沢橋を渡ると向こうは自分の足だけが頼りの純白の雪の世界が拡がっています。
                            <しらびそ小屋>20100328dsc00377b
残雪の春山とを想像してきましたが真冬の山域が待っていました。三人とも装備は怠りなく、万全ですが本格的な冬山登山になりそうです 無雪期の山歩きでは、感じないのですが、この世とは別の世界に踏み込むような緊張感に思わずブルッと身震いが走ります。きっとこの橋があるせいなのでしょう。
 付近一帯は、落葉樹の木々がダイヤモンドのようにキラキラと輝いています。雨氷、過冷却の雨滴が木々に衝突した瞬間に凍りつくという現象です。写真には上手く表現できませんでしたが、長年この地を走っているタクシーの運転手さんも、これまでの人生で数回しか見たことのない美しい景色だそうです。思いがけない風景に、三人でおおはしゃぎです。
 雪の中を歩くこと2時間みどり池の畔のしらびそ小屋に到着。暖炉にくべる薪の煙が雪の中を昇ってい見ているだけで、暖かさが伝わってくるようです。

続きを読む "雪の北八ヶ岳(1)標高日本一の露天風呂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/04

若者よ試して見ないか!「八甲田農業体験」第三弾”りんご就農訓練科”

<鶴田りんご就農訓練科募集資料(1)>

_1_3 若者の就農支援企画の第三弾は、りんご栽培技術の訓練です。安全、安心、そして美味しい果物は、これから発展するアジアへの輸出品としても有望な分野です。口でいうほど容易いものではないとは思いますが、座して待つより、「百聞は一見に如かず」一歩踏み出してみてはいかが。
 六ヶ月の講座が受講料無料ぜ条件が整えば生活支援給付金も支給されます。詳しくは過去ログをクリックしてください。
<第二弾「そば職人養成科」受講生募集
http://net-ksk.cocolog-nifty.com/keiei/2010/04/post-81f4.html
<第一弾「高原野菜栽培科>
http://net-ksk.cocolog-nifty.com/keiei/2010/02/post-f2c1.html

続きを読む "若者よ試して見ないか!「八甲田農業体験」第三弾”りんご就農訓練科”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/02

若者よ試して見ないか!「八甲田農業体験」第二弾”ソバ職人養成科」

   <そば職人養成科(1)>_1_2                                   2月13日に当ブログで紹介した若者の就労支援の企画「八甲田山農業体験」は、全国各地から問い合わせがあり、応募者は18名に上ったそうです。
 企画の主宰者佐藤博子女史(社会保険労務士)も期待を超える反響に決意を新たにしています。  その第二弾が「そば職人養成科」です。地元の階上町の期待も大きいようです。
<若者よ試して見ないか!「八甲田農業体験」2010/2/13>
http://net-ksk.cocolog-nifty.com/keiei/2010/02/post-f2c1.html

 

<そば職人養成科資料(2)>
_2_2

<そば職人養成科資料(3)>
_3_3

続きを読む "若者よ試して見ないか!「八甲田農業体験」第二弾”ソバ職人養成科」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »