« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/27

恐山へ(3)円空仏に出会う

   <長福寺 十一面観音>20100528dsc01271                                         恐山の朝の勤行の後、本尊地蔵菩薩像の裏に円空仏ニ体がありました。展覧会では拝観したことはありますが、お寺に安置されたものを拝顔するのは始めてです。
 縁とは不思議、仏ガ浦自然の造りだした石仏群を見上げて戻った船着場で、ふと手にした地元の観光案内にここにも円空仏があることがわかりました。観光タクシーの運転手も知らないという無名のお寺長福寺、探し当てて訪ねることにしました。恐山とおなじ曹洞宗(総持寺系)のお寺です。住職の奥様が本堂の格子戸を開いて招じ入れてくれました。
  扉を開き写真を撮っていいと言われ思わず後ずさり、体勢を取り直して、ファインダーから覗くと、見覚えのある笑顔、そう初めて横浜で拝観したお顔です。 奥様にそのことを話すと、横浜ソゴウの展覧会でしょう。「この円空様も出向きました」そうです。その上奥様自身、横浜から嫁いできたのだそうです。曹洞宗長福寺は鶴見の総持寺系、きっと横浜の縁が連なっているのでしょう。ご子息は今修行中と思ったら、介護系の大学で学んでいるとか、過疎の村のお寺では檀家だけでは、維持が難しいのだそうです。
 円空の彫った仏は笑顔の仏様ばかり、不動明王さえ笑みを湛えています。
<円空慈愛の彫像>
http://net-ksk.cocolog-nifty.com/keiei/2005/06/post_2129.html

勤行を聞き届けたか菩薩様
円空仏の笑顔に出会う

観音の笑顔の奥に円空の
衆生を想う心こそ見え

ここにいるここにいるよと窓を打つ
円空仏の祈り確かに
                雛鳳 

続きを読む "恐山へ(3)円空仏に出会う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/23

”はやぶさ”と”カプセル”と”地球”と

 ”はやぶさ”の光跡とカプセルの光跡を見たときに、火の鳥は両性具有なんだと思いました。そして”はやぶさ”は父性、”地球”は母性ではないでしょうか。父性の”はやぶさ”が恍惚として射精して果てたその瞬間にカプセルを放出した、あの恍惚に日本人の多くがシンクロナイズしたのではないでしょうか。
 カプセルは、はやぶさの精子、イトカワの遺伝子が乗っているのかいないのか、それは”はやぶさ”の知るところではないと思うのです。受止める地球の、何よりも日本人の母性で受止めて次代に生かしていきたいものです。子育て支援の予算も”ネクストはやぶさ”の予算も欲張って大事にしたいものですね。
 縁者とこの話題になったら、カプセルの舞い下りたオーストラリア大陸、先住民アボリジニの聖地だとか。それを意識してかの地に落としたとすれば、日本の科学者も「お主なかなかやるではないか!」と芝居のせりふの如く、呟くところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/22

雨上がりの紫陽花

      <紫陽花>
2010061601412b 6月16日雨上がりの庭の紫陽花が水も滴る美人に撮れました。昨年の枝切りまずかったのか、今年の紫陽花はどれも、花つきがあまり良くありませんでした。

                                 <紫陽花>                   20100616dsc01419b_2 
 

続きを読む "雨上がりの紫陽花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/19

恐山へ(2)仏が浦

   <宇曾利湖>
20100527dsc01183b_2 恐山の寺域に湖があります。 「山の淋しい湖にひとり来たのも悲しい心・・・・・」 と高峰三枝子が歌ったのは榛名湖だそうですが、この宇曾利湖はもっとこの歌に相応しい、淋しさの漂う湖です。昔のカラオケの歌詞が浮かんできました。
 

                                 
   <宇曾利湖畔の風車>
                      20100527dsc01190  
  恐山の淋しさにはカラカラと回る風車が欠かせません。
 翌朝8:00宿坊に迎えに来てくれたタクシーで一日走ることになりました。
 まずは仏ケ浦からといってもなんと2時間半走り通しです。 

風車冥土の門の印かな
湯煙揺れて微かに回る
        雛鳳

続きを読む "恐山へ(2)仏が浦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/17

燃え尽きた”はやぶさ”と地上に舞い下りた”カプセル”と

6月13日夜空に長い光跡を引きながら消えていく”はやぶさ”、その光の中から新しい光跡が強い光を放ちながら飛び出してくる、テレビ報道を見ながら多くの人が、擬人化して見たように、僕も命が尽きていく”はやぶさ”、新しい生命として生まれる”カプセル”に、不死鳥”火の鳥”が重なって見えました。
 さてカプセルの中にイトカワの砂(遺伝子?)は、入っているのかいないのか。もちろん”はやぶさ”の使命が、イトカワの遺伝子を持ち帰ることですから、入っているほうがいいに決まっています。しかし”はやぶさ”の光跡に”火の鳥”をみたとき、そんなことはどうでもいいのではないか思いました。すでに”はやぶさ”は使命を果たしたのですから。
 ”はやぶさ”は幾多の苦難を乗り越え、奇跡を起こしたのです。多くの日本人の心の中にすでに”不死鳥”として甦っています。

続きを読む "燃え尽きた”はやぶさ”と地上に舞い下りた”カプセル”と"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/07

八甲田農業体験研修のその後

   <八甲田農場バーベキュー>
Dsc01397b  農業体験研修も三ヶ月が過ぎようとしています。その後を知りたいと思い、5月31日八甲田農場のバーベキューに参加しました。
 農業体験研修を主宰する弘前市在住の社会保険労務士佐藤博子さんの企画です。研修生、受け入れている農家の方々、講師の方々、支援している青森のホームセンターの社長はじめ、地元の経営者の方々、三々五々集まって時間とともに盛り上がってきました。
 
                  

続きを読む "八甲田農業体験研修のその後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/03

恐山へ(1)恐山静寂の境内

         <卒塔婆の向こうに>
20100528dsc01229b_15  
                                                                                                        2010年5月27日一度は訪ねたいと思っていた日本三大霊場の一つと語られる最北の恐山を訪ねました。                             
 折角なら宿坊に泊りたいと主張するコト派の僕、折角の旅なら和風の旅館で美味しいモノをというモノ派の家内、どうにか折り合いをつけて宿坊に泊りました

続きを読む "恐山へ(1)恐山静寂の境内"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »