« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/29

映画「悪人」を観て

タイトルの「悪人」が気になっていました。その上、深津絵里がモントリオール世界映画祭で主演女優賞受賞と重なって、是非見ておきたいと、いつもの調子で家内と観にいきました。
  タイトルどおり、期待通り、親鸞が自問し続けたテーマ 「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや。しかるを、世のひとつねにいわく、悪人なお往生す、いかにいわんや善人をや。」がこの映画の根底に流れる通奏低音になっています。逆説的な鋭い言葉であるだけに、唯円が歎異抄に書き残した、親鸞のこの言葉の前半部分が、ともすると誤解されがちですが、阿弥陀如来は、善人でさえ救うのだから、悪人を救わないはずがない、「なぜならば」と、自身の」著書「教行信証」で解き明かしています。終生法然の一弟子に過ぎないと自ら語りつつ、法然の専修念仏の教えを超えた究極の教えです。
 善人とは?、悪人とは?善とは?悪とは?。妻夫木聡演じる主人公清水祐一の出会い系殺人はなぜ悪なのか?なぜ保険外交員の佳乃は殺されなければならなかったのか?佳乃の心を弄び人気のない夜の峠道に放り出し、裕一に殺人を犯す動機をつくった金持ちの放蕩大学生は悪人ではないのか?

続きを読む "映画「悪人」を観て"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/24

「イチローは凄い!!」だからこそ「野茂を忘れない!」

「イチロー十年連続200本安打達成!」「まさにプロフェッショナル!」と賛辞が渦巻いています。毎年この時期いちろうへの賛辞が定番になってしまうのだから、まさに凄いの一語ですね。イチローへの賛辞はお任せするとして、松井、松坂等々日本人選手のメジャーでの活躍が喧伝されるたびに、僕は野茂を思い出します。
 日本人選手活躍の話題が駆け巡る度に、だからこそ、野茂の素晴らしさを語りついでいきたいと僕は思います。あの時野茂が約束されていた、一億円数千万円をかなぐり捨てて、メジャーのテスト生、年俸800万円で渡米しなかったら?。

続きを読む "「イチローは凄い!!」だからこそ「野茂を忘れない!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/20

第五回B-1グランプリ(B級グルメ全国大会)へ

 <味の違いはありやなしや>                        
20100918p1010861b 9月18日本厚木で開催中の第五回B-1グランプリに外食関係の経営者、外食マーケティングの研究者等々縁者5人で出かけました。現地到着10:45分あまりの人の多さに驚いた。この手のイベントにかける日本人のエネルギーも凄いものがある。日本人のエネルギーもまだまだ捨てたもんじゃないと感心した。各県代表43品、全国の市から39品の屋台が勢ぞろい。たかが焼きソバ、餃子におでん、これほど些細な差異を求めて集まる馬鹿馬鹿しいほどのエネルギーがある。おそらく今のアジアの人々にはこういう馬鹿馬鹿しいエネルギーはないのではないか。300円のやきそばを食べるのに、二時間も三時間も並ぶのだ。作る人達も汗まみれになっている。「一分で買って食べたら意味が無い。厚木のイベントで、三時間も並んで食べたのよ!」と、語るまでが情報社会(ポスト産業社会)の商品でありイベントなのだから。二日間で43万人を超えたというからさらに驚きだ。グランプリに輝いたのは「甲府のもつ煮」第四回の厚木のシロコロもモツ、しばらくモツが食材人気になるのだろう。

続きを読む "第五回B-1グランプリ(B級グルメ全国大会)へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/16

円高は止まらない!

 明治維新、太平洋戦争敗戦に匹敵する大きな構造変化が起きているのです。大きな流れを認めて、そろそろ覚悟を決めないとね。
 為替介入が喧伝されていますが、四大浮遊霊の内、米ドルとユーロが円に取り憑いている今回の円高は、為替介入したら飛んで火に入る夏の虫になります。振興浮遊霊中国の元も、ひたすら米ドルに食いついて離れない今の状況では、四面楚歌です。9月9日付け日経新聞朝刊の記事でも「中国の日本国債買い円高加速の見方も」と報じていますが、振興浮遊霊の中国元は一方で、日本の国債を買って円に取り憑いているのです。
 大きな流れは日本一国では止められないと覚悟して、日本人は政府のせい、世の中のせいと他人のせいにしないで個人個人、己の生きる道を見出し歩き出すときではないでしょうか?身動きが取れなくなる前に。 

続きを読む "円高は止まらない!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/15

空蝉とは”現世”のこと?

    <空蝉>
20100915dsc02050 昨夜の雨でやっと涼しくなりました。坪庭の苔の上に風に飛ばされた空蝉が転がっていました。
 土の中から這い出た幼虫は木に登り幹や枝にしがみついて羽化して成虫になります。抜け殻は夏の間木々の幹や枝に、しがみついたまま残っていますが、風や雨の翌朝、庭に出てみると、この抜け殻が転がっています。
 
 

続きを読む "空蝉とは”現世”のこと?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/13

那須三斗小屋温泉を歩く

         <マツムシ草>         
20100907dsc02012b_29月7日(火)~8日(水)栃木県に住んですでに40年近く立つのに未だに訪れたことの無かった、那須岳の奥の秘湯三斗小屋温泉を訪ねました。
 山歩きは日頃一人なのですが、今年は大学院の卒業生YKさんが一緒に歩こうと言ってくれたのがきっかけで、一味違った山歩きが楽しめるようになりました。今回もYTさんと同行です。
 那須塩原駅で待っていたもう一人の卒業生CKさんの姿にびっくり、今話題の山ガールが立っていました。
 

続きを読む "那須三斗小屋温泉を歩く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »