« 夏の風物詩 鷺草 | トップページ | 空蝉とは”現世”のこと? »

2010/09/13

那須三斗小屋温泉を歩く

         <マツムシ草>         
20100907dsc02012b_29月7日(火)~8日(水)栃木県に住んですでに40年近く立つのに未だに訪れたことの無かった、那須岳の奥の秘湯三斗小屋温泉を訪ねました。
 山歩きは日頃一人なのですが、今年は大学院の卒業生YKさんが一緒に歩こうと言ってくれたのがきっかけで、一味違った山歩きが楽しめるようになりました。今回もYTさんと同行です。
 那須塩原駅で待っていたもう一人の卒業生CKさんの姿にびっくり、今話題の山ガールが立っていました。
 

                               <秋の気配?>                       20100907dsc02015b酷暑、猛暑といいながらも、標高1,800㍍の那須岳には、マツムシ草も咲き始め、微かに秋の気配が漂いはじめています。
 ロープウェイ山頂駅からマップに遅れることなく、徒歩2.5時間で三斗小屋温泉到着、山歩き初体験、山ガールのTKさんも面倒見のいいYTさんのアシストもあって、元気に鼻息も荒く、先頭を歩いていました。

     <可憐な花>
20100907dsc02017b  山を歩いていると同世代で歩いている老中グループが多いのですが、息子、娘世代と歩けるのはありがたいことです。現役バリバリ世代で、星空を眺めながらも、時折話題が生々しくなるのもパターナリズムの気がある僕にはありがたいのです。
 この温泉は一泊しないと入れないところがいいですね。それでも日頃は平日も予約で一杯だそうです。今日は台風接近のおかげで、三組7名のお客でゆったり静かな夜を過ごすことができます。夜9時消灯で辺りは足元もまったく見えない漆黒の闇、懐中電灯を照らしながら、露天風呂へ。たった一人、お湯に浮かんで空を見上げると星々がキラキラと瞬いています。我が家のお湯と同じ温い湯なので、星の輝きを眺めながら長湯を楽しみました。
 翌日は台風8号が富山上陸で生憎の雨、三本槍、朝日岳を6時間かけて歩く予定を諦めて、下山することにしました。下山といっても那須茶臼岳まで3時間の登り、小雨の中を歩くことになりました。
  旅行会社勤務しながら大学の観光科で講師も務めるTKさんの案内で、那須湯本”鹿の湯”で疲れを癒しました。”鹿の湯”はいわゆる日帰り温泉ではなく、本格的な湯治場、湯船は41℃から48℃まで6つあります。さすが旅行会社のビジネスマン、情報は確かです。

<那須湯本”鹿の湯”>
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/ma0011/T-Tochigi01.htm

                

|

« 夏の風物詩 鷺草 | トップページ | 空蝉とは”現世”のこと? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/49415454

この記事へのトラックバック一覧です: 那須三斗小屋温泉を歩く:

« 夏の風物詩 鷺草 | トップページ | 空蝉とは”現世”のこと? »