« 浅草新名所と上野の桜のトンネル | トップページ | 「見たいと欲する現実しか見ない」 »

2011/04/10

三毳山の花々

   <葉に映るつぼみ>
20110404dsc002061b2011年4月4日我が家から車で30分のところ、三毳山へカタクリを撮りに出かけました。車の運転のできない僕は、出かけるのも家内のご機嫌次第、自立できないとはこういう状態のことですね。
 例年より一週間遅れて盛りを迎えていますが、自粛(現実はガソリン不足)でフラワーフェスティバルが中止で観光バスは一台もなく、埼玉、東京ナンバーの車が数台来ていました。例年観光バスは、佐野アウトレットとカタクリ鑑賞がコースになっています。
                           <三毳山西斜面のカタクリ>               20110404dsc00218b      
 昨夏の猛暑のせいか、株数は2/3位に減っているようにみえました。朝9時の西斜面にようやく朝日が山頂を越えて入り始めたところで、ほとんどの花はまだ蕾んでいます。張りのある若い葉に蕾みの影をみつけました
              

   <三毳山東斜面のカタクリ>20110404dsc002191b
雑木林の空気が暖まりはじめると気の早い若い蕾から開き始めます。毎日日が落ちる頃に蕾んで、朝日と共に開くのですが、日を追うごとに色は褪せてきて、十分蕾まなくなって、枯れていきます。その花の枯れた先に実をつけ、子孫を増やしていきます。
 





  <サンシュユ>               20110404dsc002141b        
  毳山の東斜面に回ってみました。西斜面に比べ斜面が急で、手摺も高く毎年カメラマンの少ないところです。
園内の案内表示板を見ると西斜面の部分は真っ白でなにも描いてありません。東斜面は岩船町が運営し、西斜面は佐野市の運営です。共同で運営すれば、集客力も増し、観光客にとっても観光の範囲も広がると思うのですが、行政の狭量さにはあきれてしまいます。

<白木蓮の一輪>
20110404dsc002111b
 我が家より標高が高いので、サンシュユも半月遅れて満開です。
 純白の白木蓮が清楚な花を咲かせています。、春の青空に似つかわしい花です。白木蓮が、青空一杯に広がる頃がどこの地方でも、春もたけなわといったところでしょうか?

     <河津桜>                 20110404dsc002301b  
 伊豆では、二月の半ばが河津桜が盛りですが、ここ栃木では、今河津桜が満開です。ソメイヨシノと一週間ほどしかずれがありません。北にいくほど、春は一度にきます。
 

|

« 浅草新名所と上野の桜のトンネル | トップページ | 「見たいと欲する現実しか見ない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/51349732

この記事へのトラックバック一覧です: 三毳山の花々:

« 浅草新名所と上野の桜のトンネル | トップページ | 「見たいと欲する現実しか見ない」 »