« 先人の預言に耳を傾ける | トップページ | 花の白馬岳を歩く(2)小雪渓から白馬山荘へ »

2011/07/31

花の白馬岳を歩く(1)大雪渓

      <大雪渓>
20110725dsc00719b 7月24日新宿発22:30分、いつもの夜行バスで白馬を目指す。朝7:30分には登山口猿倉に到着、身づくろいをして、歩くこと一時間で大雪渓の下白馬尻に着く。ここから軽アイゼンを装着して雪渓の上を歩きます。雪の上を渡ってくる風が心地よく汗を拭ってくれます。
 
                                 <キヌガサソウ>               20110725dsc00714b
 前を歩いている登山者は雪渓から立ち上がる霧の中に見え隠れしています。四㎞日本最大級の大雪渓、白馬登山の第一の魅力です。
 今年は梅雨明けが十日ほど早かったので、雪渓が痩せているのではと危惧してきましたが、思いのほかの残雪に同行した従兄弟も大満足。
 白馬尻の雪渓の際にはキヌガサソウが大輪の花を開いて登山者を出迎えています。今年は気のせいか幾分花弁が小さいようです。

    <リュウキンカ>
20110725dsc00720b 大雪渓を登りきって葱平に着くと沢山の花々が雪の消えたところから咲き出しています。北アルプスの7月は春と夏が一気にやってきます。リュウキンカ、シナノキンバイ、クルマユリ、イワギキョウがここの定番です。

                                
                                <クルマユリ>
                         20110725dsc00732b_2  
 この地名の由来のシロウマサツキは残念ながら、見つかりません。クルマユリが今盛りをむかえ、次々と蕾みのもの、開きかけているもの、盛りのもの霧のスクリーンに動画を見ているようです。 

    

                           

|

« 先人の預言に耳を傾ける | トップページ | 花の白馬岳を歩く(2)小雪渓から白馬山荘へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/52355453

この記事へのトラックバック一覧です: 花の白馬岳を歩く(1)大雪渓:

« 先人の預言に耳を傾ける | トップページ | 花の白馬岳を歩く(2)小雪渓から白馬山荘へ »