« 「山河破れて国あり」-公に不信、亀裂は深刻-8月3日、日経新聞「文化」欄から | トップページ | 花の白馬岳を歩く(5)白馬大池畔 »

2011/08/03

花の白馬岳を歩く(4)ココマクサ

     <コマクサ>20110726dsc00805b                                        
 コマクサは外の草花が生えない砂礫に自生しています。近年保護が行き届いてきたのか北アルプスの縦走路のあちこちで群生しているのを見かけるようになりました。といっても登山道から遠かったり、開花期と少しずれてしまったりと花の盛りを捉える機会に恵まれません。

<小蓮華岳>                        20110726dsc00809b      
 今日のこの一株は滅多に出合えないシャッターチャンス、縦走路の真ん中に小石で周囲を囲って保護されていました。朝露が煌く葉、ピンクの色も鮮やかです。しかしよく見ると、なるほど、馬面をしています。駒草なんです。
 今日の最後のピーク小蓮華山2、769㍍の三角錐も整った姿で映っています。

       <雪倉岳>
20110726dsc00814b_2三國境で朝日岳への道を分岐して縦走路は小蓮華山へ続いています。朝日岳への縦走路にどっしりと雪倉岳が座っています。山頂には4年前のこの季節、一人で歩いている自分が立っています。
                                <タカネヤハズハハコ>                         20110726dsc00815b 小蓮華山を過ぎ船越の頭に立つと、眼下に白馬大池が見えてきます。霧の中に霞む赤い屋根と青い水、水面を縁取る緑と幻想的な風景です。                        
                 

   

<幻想の白馬大池>20110726dsc00825b

|

« 「山河破れて国あり」-公に不信、亀裂は深刻-8月3日、日経新聞「文化」欄から | トップページ | 花の白馬岳を歩く(5)白馬大池畔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50017/52365311

この記事へのトラックバック一覧です: 花の白馬岳を歩く(4)ココマクサ:

« 「山河破れて国あり」-公に不信、亀裂は深刻-8月3日、日経新聞「文化」欄から | トップページ | 花の白馬岳を歩く(5)白馬大池畔 »